アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方

美人なのに喪女っている?自分が美人かどうか悩んでいる喪女へ

美人なのに喪女という人は案外多くいるものです。

内心「顔は悪くないのにどうしてモテないの」と思っている人も少なくないでしょう。

美人はそれだけでモテるはずなのにどうして喪女になってしまったのか、その理由をあげてみます。

美人は悪いギャップを作る

ギャップがある人はモテるというのは通説となっていますが、美人なのに喪女という人の場合はこれが逆方向に働くことがあります。

良いギャップというのは、ギャルっぽいのに実は料理が得意で家庭的とか、暗そうに見えた人がふとしたときに明るい笑顔を見せるなど、悪い印象が良い方に変わるもの。

 

これが美人だと、第一印象は良いのに少し雑な面があったり男っぽい仕草をしてしまったりすると「美人なのにだらしないんだ…」「案外ガサツなのかも」とガッカリされてしまいます。

 

美人は飾らない自分が大好き

美人な喪女に多いのが、自分を飾らない、そのままの自分を受け入れて欲しいというタイプ。

男性に媚びるのが嫌いでそんな自分をカッコいいと思っています。

また、媚びる美人というのは同姓から見て非常にウケが悪いので、厳しい女子グループの中で生き抜く処世術として身に着けてきた人も。

 

学生時代の仲良しグループの中ならそれでいいかもしれませんが、社会人になり結婚願望もあるのであれば、それは最早何の役にも立ちません。

苦労して仲良くなった同級生たちは次々に彼氏が出来て、結婚していきます。

 

美人はプライドが高い

美人は自分から積極的に動けば簡単に彼氏ができて、すぐに喪女を脱却できるはずです。

なのに喪女のままなのはプライドが邪魔をしているから。

 

気になる人がいたとしても、自分からアプローチをするのは恥ずかしい、男性から積極的に動くべきと思ってなかなか行動できません。

男性も相手が美人が故にハードルを高く感じてアタックできず、本当はお互い気になっていたのに何も起こらずに終わってしまうのが常です。

「自分はブスではないのだから、何もしなくても相手からアプローチするべき」そんなプライドは何も生みません。

そもそも本当はそんなに美人じゃない

「私って~顔は良いのに~なぜかモテないんだよね~」

そんなことを言う人が果たして本当に美人なのでしょうか。

確かにはっきりブスだと言えるほど不均整な顔ではないのかもしれません。

 

けれど、自称美人な喪女は客観的に見たら十人並みの容姿ということはよくあります。

もう一度、本当に美人なのか自分の姿を見つめなおしてみましょう。

鏡で見るのは脳内補正がかかって、現実より良く見えてしまうのでダメです。

 

プリクラはもちろん、決め顔の写真もNG。

普段の何気ない姿を写真や動画で誰かに撮ってもらいましょう。

自称美人は自分のことを写真映りが悪いと思い込んでいることも多いですが、そこに移っているのが現実です。

素直に喪女の現実を認めましょう。

30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテないが、年収1000万田中圭似の夫と結婚した方法

わたしは30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテない寂しい女でした。しかし今は優しくて田中圭似の年収1000万円の夫と結婚して、幸せに暮らしています。

ブスで根暗だったわたしになぜこんな奇跡が起きたのか方法を教えます。同じようにモテなくて悩んでいる女性に見て欲しい記事です。
アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方