喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

センスがないなら白シャツを着こなそう!1枚でオシャレに見える着こなしスタイル

      2017/04/09

shirts01

最近の流行がわからないから、とりあえず普遍ぽいものばっかり着てるという喪女には、白シャツがオススメです。

シンプルな無地の白シャツは一見難しいですが、さらっと着こなせば大人の魅力たっぷり、さわやか女子です。

スポンサーリンク

白シャツの選び方

手に入れやすい白シャツですが、下手に安いのを買うと「なんか違う」感が出てしまいます。

素材は綿、麻、シルクなど好きなものを選べますが、ボトムスに合うようにしましょう。

アイロンがけをしなければいけなかったり、ドライクリーニングに出さなければならなかったり、洗濯の手間も考えましょう。

ボトムスにインして着る場合は裾の長めのものを、裾を出すなら短めにすると、すっきり着られます。

透けている素材も、ヘルシーな色気があります。

 

白シャツはこう着る!

ベーシックな白シャツは、デニムとの相性が抜群。特にスキニージーンズに合わせるのが女らしい着こなしです。裾は出さないでボトムスにインするとすっきりきれいに見えます。

体型に自信がないなら普通のジーンズでも大丈夫ですが、やっぱり裾はしまうのが鉄則です。どうしてもお尻の大きさや太ももの太さが気になるなら、裾が短めのシャツにしましょう。

今年はボタニカル柄が流行なので、パンツやスカートで1枚持っていると旬な着こなしになります。

パンツでもスカートでも、白シャツをインしてかっちり着れば、柄が映えて美人なファッションです。

スポンサーリンク

手首と足首がキモ!

どんなに手足が太くても、手首と足首はくびれています。例えわずかでも、そのくびれを見せると、ぐっと女らしさがあがります。

もともと細身なら華奢さが強調されます。

そこで、袖が7分など短めのシャツを買えばそれだけで華奢なお姉さんになります。

袖が長いなら少し折って、腕が7~8cm見えているくらいがいい感じです。

足首はスカートなら見えてますが、パンツならクロップドパンツがオススメです。8分くらいの丈なので、足首が出てすっきりして見えます。

もちろん足首までのフルレングスパンツでも大丈夫。裾をざっくり2、3回折って足首を出しちゃいましょう。

襟を立てて首の短かさをカバー!

首が短い人は、襟を立てればすっと細く見えます。思い切って髪をアップにして、首を見せるとスマートです。

細い華奢なネックレスと、ちょっと大ぶりなピアスでさらに女らしさがアップ。

ウエストをキュッと

ウエストで裾を縛ると、一気にオシャレ上級者です。

1枚で着るとダボっとしがちな白シャツは、下手すると「何にでも合わせられて便利な体型カバー用」に見えてしまいます。

あえてウエストのくびれを作ることで、女性らしいシルエットができます。

素材や長さを問わず、フェミニンにもカジュアルにもマニッシュにもなる白シャツはとっても便利なアイテムです。さわやかで清楚、肌色を綺麗に見せてくれるなど、白シャツのいいところはたくさんあります。

もちろん、就職活動にも必須です。

とりあえず1枚持っていても損はありません。


スポンサーリンク

 - ファッション・美容 , , , , , ,

  関連記事