喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

デブでも着られるぷよぷよお肉を隠してくれる水着を選ぶポイント

      2017/04/09

pier-569314_640

夏といえば海、プールです。毎年夏前からダイエットする女子が急増して、海にはガリガリに痩せたビキニ姿のギャルが増産されます。

いやいや。みんな1、2か月ダイエットしただけであんな痩せ細るわけ?

いや、それはもはや病気。

絶対、ダイエットする必要ない女がダイエット!!って騒いでるだけなんだよ。本当のデブは水着のためにダイエットなんかムリなんだよ。

どうしても水着を着ないといけないなら、できる限りぷよ肉をごまかせる水着を選べばいいんじゃない?

スポンサーリンク

流行でもNG水着

最近の水着はほとんどがビキニです。スクール水着型のワンピースタイプは一歩間違えると昔のお母さんみたくなります。とはいっても、段がついたお腹をさらすのは自殺行為。

さらにボトムが小さめだから半ケツになって、目も当てられないことに。

この2、3年流行りの水着はかなり個性的なデザインで、ハイウエストやワンピース型のお腹に切れ込みが入っていたりします。こんなのは、相当スタイルが良くないと失敗でしかありません。

大きな柄やアニマル柄の水着も、横に伸びてしまうので、ただただデカくなってドスコイを強調します。柄が伸びる心配をしないですむのは、ワンポイントや柄の範囲の少ないものです。

ピンクや白などの膨張色もNGです。

 

ぷよぷよを隠してくれる水着選び

フレアがついた水着だと、うまく体型をカバーしてくれます。巻きスカートになっている水着はお尻の大きさも目立ちすぎません。

上も下もヒラヒラが付いていれば、視線が分散されるのでぷよぷよ肉ばかり気になることは避けられます。しかし、ふんわりしすぎると、それはそれでデカさを強調することもあります。

必ず試着して自分の目で確かめよう。

スポンサーリンク

タンキニしかないでしょ!

タンキニは、タンクトップとボトムスがセットになった水着です。タンクトップなので、肩からおへそ下までスッポリ隠れて安心!

ボトムスはショートパンツ型なので、お尻が落ちる心配もなし!

タンキニは形もいろいろ出ています。普通のタンクトップ型はもちろん、チュニックワンピのような形もあるので、体型カバーがさらに期待できます。

デブといっても、ウエストが多少はくびれているならウエストのラインをあえて出してしまうのも、アリです。ズドーンとしたシルエットを作るより、くびれが見えたほうが痩せて見えます。

 

隠しすぎるのは意外とダメ

パレオを巻けば直接肌が見えないし、体型カバーになりそうなものですが、実は逆効果なことも。布の範囲が大きくなると、体の大きさもそのぶん強調されてしまうからです。

隠そうとしていろいろ着ると「アイツ、デブを隠したいんだろうな」と周りにはバレバレです。

それならいっそ肌を出したほうが、可愛げがあるってもんです。

おデブにとって水着ほど恥ずかしい姿はありませんが、夏を楽しむ権利はあるんです!

マシュマロ女子が好きな男だっているんです!

恥ずかしがらずに水着を楽しもう!


スポンサーリンク

 - ファッション・美容 , , , , , , ,

  関連記事