喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

意外な場所がランクイン!30代のデートで行きたい穴場スポットランキング

      2017/04/09

30代にもなると、10代や20代のころ好きだった、あこがれていたことがすでに叶ったり、ちんけなことのように思えたりと、振り返ると自分が成長し変わっていることに気が付きます。

若い頃はとりあえず遊園地の絶叫マシーンではしゃいで、お化け屋敷でキャーキャー言って楽しめたりしましたね。

 

しかし、30代では遊園地も楽しいけど、心からはしゃげるかというと・・・もうなかなか楽しめる歳でもない。

今回はそんな30代でも心から楽しむことができる、穴場なデートスポットをご紹介します。

今はもてなくてもいい!彼氏や好きな人を見つけて、いつかきっと大人デートを楽しもう!

スポンサーリンク

1位:工場夜景ツアー

比較的費用が安く、しかもカップルも非常に多く参加するので非常にオススメのデートスポットとして、

コンビナートや湾岸沿いの工場地帯の夜景を楽しむというのがあります。

時間は3時間~5時間ほどで、今では定期便が出ているので、意外に穴場デートスポットですね。

 

見学は船上でもちろん海側から眺める夜景になります。30代では、流石によくあるデートでは退屈ですよね。

魅力は何といってもウットリするくらいの眩い光の洪水が見られること、石油コンビナートでは煙突から炎が出てたりしますので、SF的な魅力もあり夜景の穴場スポットとして、昔はコアな夜景ファンだけが楽しんでいました。

持ち込み自由だったり、スケージュールでは比較的空いている平日のクルーズもあり、30代もちょっと変わったデートを楽しめます。

 

「夜景を観るなら陸上でも良いんじゃないか?」と思いますよね。

しかしこうしたコンビナートや湾岸工場地帯は、敷地面積が大きく、実は陸上からでは遠くて良く見えないんです。

海からであれば、障害物もありませんし、海面に揺らぐコンビナートの光はかなりロマンチックですよ。

参加者ももちろん30代女性も結構多いです。

 

2位:都内ギャラリー巡り

東京都内がやはり最も多いのですが、小さな画廊やギャラリーを1日巡るというのも、穴場スポット、30代では楽しいデートになります。

美術に詳しく無くても、置物やインテリアなどを展示しているケースもあり、大半がアマチュア、美術学生、あるいは無名のプロ作家など、

どれも無料で見られるのが、穴場スポット、費用の掛からないデートとしてオススメですね。

 

問題は、どこにそうした画廊やギャラリーがたくさんあるかですが、最近では東京都では表参道周辺、

青山通りの一部などに新規にギャラリーがたくさんオープンしています。特に30代くらいの感性だと、ピッタリな場所ともいえますね。

やっぱり歩きますから、休憩にオシャレなカフェとか、30代ならちょっとした軽食を楽しみたいですよね。

 

またこうした作家の情報は、現在でも書店で入手できる「美術手帳」という月刊誌にたくさん広告が出ています。

疲れたら近くのカフェでくつろぎながら、持ち帰った画廊の絵葉書を見ての美術談義もデートでは楽しいものです。

 

3位:博物館、美術館常設巡り

これも東京都上野や、都心部がどうしても中心になってしまいますが、

おススメする穴場スポットとして、一見ありがちな美術館、博物館巡りでも、ご紹介する「穴場」は特別展などが無い常設展を見て歩く、30代カップル同士のデートツアーです。

もちろん常設展があるところに限られますが、都心部のある程度の規模の美術館や博物館は、平日などから所蔵品の一般公開をしています。

 

費用は安く、それほどかからず、しかも混雑していないので、かなり穴場スポットデートになります。

美術に疎い、あるいは歴史とか詳しくない場合でも、科学系や産業博物館や昭和初期を再現した展示のある博物館なら、なかなか30代カップルでも楽しいものです。

 

また穴場としてオススメするのは、大抵カフェやレストランなどが近所や、併設されています。

電車であっても周辺をお散歩するなど、デートコースを選ぶ手間が省ける良さもあります。

こうしたスポットも30代で改めて巡ると、新しい発見があるかもしれません。

スポンサーリンク

4位:レンタカーで行く淡路島明石海峡渡り

今度は関東在住の人にとっては、かなり遠いデートスポットですが、兵庫県神戸市と淡路市を結ぶつり橋は世界最長であり、

ファミリー向けの橋の管理路を実際に歩いて渡るツアーなどもあります。

また30代カップルのデートで、穴場スポットになる理由としては、車の免許がある人限定にはなりますが、

橋の近くまでは列車で旅をし、橋をレンタカーで渡るというのが個人的にオススメです。

 

特に夜まで神戸や淡路市でグルメを堪能し、最後の締めで車で明石海峡の夜景を2人で見るといったデートはいかがでしょうか。

思わず告白したくなるような、そんな素敵なデートスポット、穴場がこの橋にはあります。

 

5位意外に面白い東京都水道局イベント

東京都に限った話ではありませんが、30代の「大人の工場見学」としてオススメなのは、水道局が主催する施設見学ですね。

最近では下水道局の見学会もあり、普段は知らない重要インフラの中身を詳しく知ることが出来ますし、

カップルではちょっと変わったデートを演出できるので、穴場スポットで、しかもデート時間も稼げる絶好のスポットでしょう。

 

6位:カップルでゴーカート

主体はファミリー向けですが、カップルで同乗できる場所もあるので、そろそろネタも尽きた30代、デートの盛り上げに一役買うスポットです。

限られた敷地内で運転しますから、運転免許証は必要なしです。

もちろん晴れた日限定ですが、大抵通年で行われているので、海を見に行くついでとか、遠出のデートコースに選んでおくのが良いですね。

 

時間にしてせいぜい15分ですが、そのまま見学しても楽しいですし、2人で楽しむ穴場としては、なかなか盛り上がります。

30代カップルでは、家族連れを見ているのもまた楽しいものですよ。

 

7位:レンタルサイクリングで行く都内探訪ツアー上野

上野に限らず、タウンサイクルとかレンタルサイクルをする自転車店も最近では、

ロードバイクブーム以来増えており、スマホ片手に街を2人でサイクリングという、楽しいデートもあります。

 

穴場というか、このシチュエーションが町全体をデートスポットに出来るというわけで、

目的地を設定して、都心部をさっそうとカップルで、というのも思い出に残るデートではないでしょうか?

自転車も気軽なシティバイクもあるので、30代では改めて自分たちの足で都心部を楽しむのも悪くないのではないでしょうか?

 

8位:東京都内限定水上夜景ツアー

同じ夜景でも、穴場としては水上バスなどをつかったリバークルーズです。

面白いのは、平日の夜などに空いている屋形船やクルーザーをつかったツアーがあり、これも都心の別の顔を見ることが出来る、穴場、町全体の夜景を別角度で楽しめるデートでしょう。

 

コースが川というのが、スポット的に面白く、橋の下をくぐったり、また水上バスでは昼間に通常乗船し、

夜間は同じコースを夜景で楽しむなど、クルーズ自体がデートスポットになる利点もあります。

30代くらいなら、橋の名前や建物などちょっとした歴史などを調べておくのも良いですね。

 

9位:東京都周辺お台場夜景バスツアー

最後は、今度は陸上で夜景を楽しむバスツアーです。

外人観光客で割と人気で、バスも屋根が無い開放的な車両を使うため、全く違ったアングルで都会の夜景を楽しめる、特別席のあるデートでしょう。

 

予約制でスケジュール的な制約はありますが、マンネリデートで困ったカップルなどは、こうしたツアーを利用するのも、穴場として楽しいものです。

30代くらいの世代でも、このツアーは年齢層がやや高いので、結構しっくり楽しめます。

以上で、30代のカップルにご紹介したいデートスポット、穴場をご紹介しました。

どこか気に入ったスポットはあったでしょうか?


スポンサーリンク

 - ファッション・美容

  関連記事