アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方

冬の着ぶくれ解消!ぽっちゃり喪女が雪だるまに見えない着やせコート術

喪女スタイル

喪女スタイル
寒さ本番!

寒い寒いと体を丸める季節がやってきます。

冬の楽しみのひとつに冬のファッションがあります。

コートにブーツ、マフラーやストールなど、冬ならではのファッションで着飾りたいものです。

しかし、喪女にはファッションよりも重視するあることが・・・

それは、暖かさです。

「こんなに寒いのにノースリーブのセーターなんて考えられない!」

実はノースリーブのセーター、男性ウケがかなり良いのです。

襟元にファーがついていたりすると、たまらない!

白い二の腕に触れてみたい!そんな男性は少なくありません。

どこの国の話?と耳をそむけないでください。

喪女が求める暖かさではなく、見た目重視のファッションの方が男性ウケするみたいですよ。

しかし、そこが喪女!見た目より暖かさ重視とおっしゃる人の方が多いようですね。

でも注意をしなければいけないのが、厚着です。

「寒いから・・・」とついつい厚着になってしまう傾向が。

その結果、雪だるま状態です。

もともとぽっちゃりさんなら、雪だるまは巨大化。

ちょっと触れただけで、転がってしまいそうな・・・(笑)

それは大げさですが、喪女が求めがちな暖かさがもたらす雪だるま現象。

なんとか解消したいものです。

そこで、ぽっちゃり喪女にオススメのアイテムがこちら
[ad#co-4]

高機能インナー

今、いろんなメーカーから発売されている高機能インナーはとっても優れ物です。

自分の体から出る熱を熱源として遠赤効果を得ることができるのです。

しかも薄手。高機能インナーの下にタンクトップを重ね着しても問題なしです。

おしゃれ女子なら誰もが愛用している高機能インナー。

喪女だって、見えないところのオシャレ。

高機能インナーで寒さ対策です。

 

ボトムスはすっきり

こちらも鉄則です。

上半身がもこもこと着ぶくれをしていても、下半身がすっきりしているとシルエット的には大丈夫です。

喪女にありがちな全身雪だるまを阻止するべく、ボトムスはスッキリと見せましょう。

ゆったりパンツではなく、できるだけ細めのパンツ。

ロングブーツもいいですね。

レッグウォーマーはできるだけ薄手のものを選びましょう。

そして冬のオシャレの定番、コートを楽しみましょう!
[ad#co-2]

ぽっちゃり喪女が雪だるまにならないコート術鉄則

  1. ロング丈は避ける(できるだけショート丈)
  2. ウエストがしぼったもの
  3. ダウンジャケットはできるだけ薄手

この3つ全てにあてはまらない喪女なら、間違いなく雪だるま状態です。

厚手のロングのダウンジャケットで足元までズドーン・・・

そんな状態で歩くと、まさに雪だるまがノッソノッソと歩く感じですね。

喪女だからファッションにはノータッチではいけません。

どこに出会いが待っているか分からないのですから、雪だるまでは近づいてくるのは子供だけになりますよ。

今年の冬はコートの着こなし、そしてインナーとボトムスに注意をしてみてはいかがですか。

雪だるまの喪女に差をつけちゃいましょう!