喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

目のくまで残念がさらに残念に!朝即効でできるくま隠しメイク

      2017/04/09

喪女スタイル
ただでさえ残念な顔なのに目の下にくまができてると、さらに残念になるよね。疲れてるなぁ…老けて見えるなぁ…え?

てか、私こんなオバサンっぽかった?

外に出たくないのはいつものことだけど、くまなんかあったら、余計出たくなくなるし。

今は隠せる範囲のくまでも、放置すると隠せないくらいひどくなるから、くまに気づいたら、すぐに対策をとらなければいけません。

スポンサーリンク

そもそも、くまって?

目の下の皮膚はとても薄いので、血行が悪くなったり、老廃物が溜まったりすると皮膚から透けて見えます。これがくまの正体。

一口にくまといっても、青いくま、黒いくま、茶色いくまがあって、当然原因が異なります。

青いくまは血行不良が原因。寝不足や長時間のパソコンの使用、体の冷え、ストレスによって起こります。

黒いくまは皮膚の老化が原因。昔は目の下もピンッと張っていたのに最近くぼんできた、と思いませんか?

茶色いくまは色素沈着や代謝不良が原因。メイク落としがちゃんとできてなかったり、こすりすぎたり、薄い皮膚に刺激を与えると、くまになります。

朝、即効でできるくま隠しメイク

少しでも余裕があるなら、蒸しタオルを顔に当てて血行をよくしよう。化粧水をつけたら、冷やすのがポイント。

どの家庭にも1つはあると思われる保冷剤が便利。保冷剤をハンカチで巻いて顔にしばらく当てます。

顔が冷たくなったら、乳液でしっかり保湿します。これだけでメイクのノリが見違えるよ。

もうちょっと時間があるようなら、乳液をつけてから10?15分してからメイクを始めます。乳液が浸透する前にメイクを始めると、ヨレの原因になります。

 

さて、いよいよメイク開始です。

くまを隠すには、コンシーラーが必須。青いくまならオレンジかピンク色、黒・茶色いくまにはイエローのコンシーラーを使います。反対色を使う、と覚えよう。

目の下にちょんちょんと乗せたら、指で丁寧に叩いてなじませます。力を入れると、シワに入り込んだりよれたりします。

残念を隠したつもりが、余計に残念にならないように、優しくね。

パウダーやファンデーションも、ぎゅーっとつけるのではなく、トントンとなじませていこう。

スポンサーリンク

種類別くまの対処法

できてしまったくまは隠すしかないけど、できれば少しずつでも改善していきたいもの。毎日5分のケアでくまを根本から治していこう。

青いくまには、血行をよくするマッサージが有効。速く効くようにと思って強く押しちゃダメです。茶色いくまになっちゃいますからね。

オイルやマッサージクリームを使って、目頭から黒目の下、目尻にむかって、3、4か所を優しく押しましょう。

 

蒸しタオルを当てて温めるのもオススメ。

鎖骨のリンパを流してあげると、すっきりします。

黒いくまには、コラーゲンを含む美容液でケアしましょう。たるみやシワを改善することが大切です。

足元から温めるなどの、根本的な冷え改善も同時に行います。

茶色いくまには、日焼け止めをしっかり塗って、メラニン沈着を防ぐことが重要。アイメイク専用のクレンジングで、優しくメイクを落とすように心がけて。

顔がブスなら、せめてクリアなお肌を目指そう。

濃いメイクでくまを隠してる美人より、素肌がキレイなほうが女子力高いんです!


スポンサーリンク

 - ファッション・美容 , , ,

  関連記事