喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

美容師とのリア充感あふれる自然な会話 模範回答集

      2017/04/09

喪女スタイル
喪女にとって、知らない人との会話は拷問レベル。美容院に行けば最低でも1時間は他人と近距離で過ごさなければならない。

コミュ障にはこれはもう、一種の修行。

できれば行きたくない美容院だけど、半年に1回くらいは行かないともさくなるから一応行く。

予約の電話をしてしまえば、逃げられなくなるから行く。

やっぱり美容師との会話ができなくてやめとけばよかった。の繰り返しに悩む喪女へ、自然な会話をするコツを挙げていきます。

スポンサーリンク

「このあとはお出かけですかぁー?」への返答

これ、必ず聞かれるよね。もちろん美容師は喪女の予定に興味があるわけではないのです。

ここで「いえ、何も」と言ったらもう続きません。

本当に何もなくても、適当に「ちょっとこの辺をブラブラしようかと思ってるんです」くらいに言っておこう。

「友達の誕生日プレゼント買いにいくんです。何がいいですかねー」と会話を投げてしまおう。

「最近はどんなのが流行ってるんですかねー」と質問にしてしまえば、あとは相づちだけでも何とかなるよ。

仕事帰りの美容院なら、「ご飯食べて帰ります」でもOK。

そして「どこかオススメのお店ありますか?」とか聞いてみると、会話が続きます。「○○が食べたいんで

すけど…」と追加すると自然だよ。

美容院の近くなら、美容師も詳しいから向こうからいろいろ話してくれてラク。ご飯の時間じゃなければ、カフェでも大丈夫。

スポンサーリンク

出された雑誌からネタを仕入れる

美容院で必ず出される雑誌に興味がなくても、ちょっと目を通しておこう。何かネタが落ちているはず。

ファッション系の知らないモノが出てきたら、「今ってこんなのがあるんですねー」とネタを共有するとかなり自然に見えるよ。

若い女子のファッションについていけない妙齢の喪女なら、「これって、カワイイんですかねぇ」でも意外に大丈夫。

変な柄のタイツとか赤い口紅とか、流行ってはいるけど実は変だと思ってる人も意外といます。

 

変なファッションがない場合は、「こういう服着てみたいんですけど、私はチビだから変になっちゃうんですよねー」と悩んでる風にすると、センスのある美容師はファッションアドバイスしてくれます。適当に相づちして聞き流せば、少しは間が持つよ。

ちなみにデブスにはファッションネタは「何着ても似合わねーよww」と笑われるのがオチだから、自覚ある人は自粛しよう。

 

ファッション誌を出されなかったら、健康ネタでもOK。

「スムージーっておいしいんですかねー。色がどうも…」

「低糖質って流行ってるけど、ご飯食べれないのはツライですよね」とか、何かしら話を振れば、美容師方から話を続けてくれるよ。

コミュ障が慣れない人と会話するコツは、質問すること!

質問すれば、相手が話してくれるからラクだし、相づち打ってればかなり自然。雑誌を見て最近の話題をネタにすれば、その瞬間は喪女でもリア充!

美容院からの無事の帰還を祈ってます。


スポンサーリンク

 - コミュ障 , , , , ,

  関連記事