喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

喪女だからこそ早めの婚活!デブスでも結婚できる条件とは?

      2017/04/09

喪女スタイル

喪女でデブスでも、結婚できる人はいます。幸せな結婚をした彼女たちは顔と体型以外に魅力があるのです。

どんな美人でも、スタイルがよくても、容姿は時とともに崩れていきます。

子供を産めば太る人も多いし、シワやシミ、重力にはどうしても勝てません。

妻の見た目が劣ってくると、夫は街を行く若い女の子を目で追いかけたりと、美人で可愛い女の子に気持ちがそれてしまいます。

 

その点、デブスははじめから見た目に期待されていないので、シミ・シワが増えたところで怖いものはありません。

美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れるというから、慣れさせることができます。

もちろん、小ぎれいにする努力は必要ですが、黒髪ストレートは死守する!メイクはしないから肌がキレイ!

というようなこだわりの1か所重点主義は必要ありません。

顔がダメなら髪だけでも、と見た目で張り合うことは不毛だと悟りましょう。

 

とはいっても、デブスの喪女に寄ってくる物好きな男性がそうそういるわけではありません。

では、どうすれば結婚できるのでしょうか?

スポンサーリンク

ズバリ!早めの婚活!

とにかく自分が根っからの喪女でもてないと自覚しているなら、今すぐにでも婚活を始めること!

喪女だとしても若いってだけで婚活市場では有利に働いて、ちょっとかわいくなくても年上の男性からは可愛いって思われちゃうマジックが働くんです。

婚活は少し前までは30代のイメージでしたが、今は普通にモテる子も20代後半で婚活していたりするので、喪女はそれをさらに上に行く20代前半や結婚できる年になる10代から始めても早くはありません。

とにかく早くに自分の暗い未来を悟り、行動をすることで未来が開けます。

 

相手に求めない

自分がデブスなので、相手に容姿を求めてはいけません。ヲタク男が求めるのは、趣味を邪魔しない女か同じようなヲタクです。

つまり破鍋に綴蓋ということで、女性にあまり慣れていなさそうな草食系や淡白な男性を狙いましょう。

できれば年齢も10歳くらい年上がいいでしょう。喪女でも若い女の子は可愛いと思ってくれるかもしれません。

スポンサーリンク

社長令嬢のデブス

ドラマにありがちな、社長令嬢のデブスと野心家の男性社員の結婚では、お金と地位目当てにいくらでも男が寄ってきますね。

結婚して自分が社長になってしまえばいいわけです。

しかし、お金目当てで結婚しても、デブスな妻が献身的なら、結婚後も大切にしてくれる夫になるかもしれないのです。

まぁ、社長令嬢の喪女というのは難しい条件なので、親の経済力ではなく、自分の経済力をウリにしましょう。

今の世の中「経済力」といえるほどのお給料がない女性が多いと思いますが、お給料が低くても一生懸命働くことです。

最近の男性は「結婚して専業主婦になりたい☆」という女性より、一緒に働いてくれる女性を結婚相手として考えます。

「そんなに稼げないけど、働くのが好き」と一生懸命な女性は好まれます。

 

ハイスペックな家事能力

どんなに美人でも、妻が家事をしないのでは、夫の不満を買います。

容姿に不満のある喪女なら、朝早く起きて朝食をつくったりキレイに掃除するといった、家事をきちんとこなすことが大切です。

朝はパンとコーヒー、掃除は週末にパパッと見えるところだけ、安い洗剤でゴワゴワの洗濯物では失格です。

これは、容姿の整った人専用の家事です。そんな、一人暮らしの男子学生みたいな家事だったら、喪女をわざわざ妻にしたりましせん。

ご飯とお味噌汁と焼き魚、これは一般的に男子が求める朝食として不動の地位を確立しているメニューです。

姑だって、朝からちゃんとしたものを息子に食べさせる嫁のほうがいいのです。

 

仕事で疲れていても、丁寧に洗い物をして洗濯物はいつも優しい柔軟剤の香りがして、温かいお風呂を用意する。これを維持できることが、デブスでも結婚できる条件です。

ときどき寝坊しちゃっても、「ごめんね」と可愛げのあるところを見せられるようになれればいいのです。

あまり完璧すぎると、それはそれで居心地が悪いもの(勝手な言い分だなぁ)。

 

ケンカにならない言い方の研究も必要です。

一緒に買い物に行って迷子になったら、「どこ行ってたのよ!」ではケンカになるので、「はぐれちゃってごめんね」とすればいいのです。

デブスの喪女でも、居心地の良い家を提供できると思わせれば、結婚への道もそう遠くはないはず!


スポンサーリンク

 - 恋愛 , , ,

  関連記事