喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

彼氏ができない女は初デートで失敗している!モテない台無しにさせる行動とは?

      2017/04/09

MFw0qLBYw39NlMD1430719038_1430719397

彼氏いない歴=年齢だけど、一生独身はイヤ!

というわけで婚活を始めて、ようやく初デートにこぎつけた!…のに、どうしてもフラれて悩んでいる喪女は、もしかしたらNG行動しちゃってるのかもしれません。

初デートは相手を見定める第一歩なのに、失敗すると、印象が悪くなるどころか、次がなくなります。

そうすると、相手探しの振り出しに戻っちゃいます。せっかくデートまでこぎつけたら、そのまま深い関係を築きたいですよね。

モテない女のNG行動をおさらいして、初デートを成功させれば、脱喪できるかも!

スポンサーリンク

自分のことばかり話す・話さなすぎる

自分のことばかり話して、相手の話を聞かない女は敬遠されます。単純にうるさいですし、うんざりされてしまいます。

女性は「で、どうなった」という結びがない話をしがちですが、男性はそのダラダラ続く話が苦手です。初デートでオチのない話を聞かされ続けると、この先はムリです。

逆に、話をしなさすぎるのも問題。初デートはお互いに知り合いたいという気持ちがあるのが前提なのに、自分の話をしないようだと壁をつくっているように感じられてしまいます。

質問に答え、質問するという会話のキャッチボールを心がけよう。

 

ネガティブ・批判的・卑屈

彼の話に対しても、自分のことに対しても「でも~」「いや~」とネガティブ発言してない?

自分が言ったことを批判されたり反論されたりすると、話したくなくなってきます。

そして、自己肯定感の低い女も相手をするのは疲れます。「私って、ダメだから~」などと卑屈な発言をすると表情にも自信がなくなり、暗い疲れた女になってしまいます。

どんなに自信がない喪女でも、「謙遜」にとどめましょう。自分と相手を否定するような女はモテません。

また、自分が正しくて相手の行動に批判的なのも、言語道断です。

マナーも常識も育った環境や地域によって、少しずつ違います。自分が絶対に正しいということは、ありえないと肝に銘じよう。

スポンサーリンク

おごってもらって当たり前

初デートでは、男性だっていいところを見せたいと思っています。かっこつけて少し高いお店に行ったり、おごってくれたりします。

そこで、その好意を当然のように受け取ってしまうのは、バブル世代でも婚活喪女にはアウトです。

社会人同士なら、お財布は平等でなければいけないと思いましょう。お会計のときにグイグイ出て行って支払うのはオバサンみたいなのでNGですが、まったくお財布を出さないのもNG。

おごってくれたり、多く払ってくれたりしたときには、少し大げさに感謝しましょう。気分よくなってくれますから。

 

能面・手抜き

いくら初デートで緊張してるからって、無表情はいけません。いい年のくせに、きょどりすぎてロボットみたくなっているのも、一緒にいて恥ずかしいものです。

また、メイクが苦手だからってすっぴんに近い状態や、普段と同じジーンズなんていうのもNG。家にいるような格好やナチュラルすぎるのは、男性には手抜きに見えます。

ガッツリメイクは怖くなるのでいけませんが、きちんとした感じは必須です。苦手ならデパートの化粧品コーナーで美容部員さんにメイクしてもらうか、美容室に行きましょう。

服装は、女性らしいスカートがベストです。男性は、やっぱり可愛らしさを求めているので、パンツスタイルは即アウトになる人もいるのです。

 

初デートで好印象をつかめ!

初デートを成功させれば、2回目、3回目につながります。会う回数が増えれば、お互いを近く感じることも分かり合うこともできます。

そのためには、初デートの印象をよくして「また会いたい」と思わせなければいけません。

素直に可愛らしく、一緒にいて楽しいと思わせる女になって、脱喪しよう!


スポンサーリンク

 - 恋愛 , , , , , ,

  関連記事