喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

一発逆転!お見合いで高スペックな旦那をゲットする方法

      2017/04/09

a1150_000424

一生独身を覚悟する前に、お見合いをしてみてはどうでしょうか。

「そこまで必死に婚活するなんて恥ずかしい」なんて、まったく問題ありません。お見合いで出会った人だろうが、学校や会社で出会った人だろうが、一緒に生きていこうと思える相手に出会うという意味では何ら変わりないのです。

お見合いがきっかけでも愛情を持つことはできるし、生涯のパートナーになりうるので、結婚を諦める前にお見合いをするのは、自然なことです。

ただ、どんな相手が来るのかが事前にわかるお見合いだからこそ気になるのが「スペック」です。今どきは3低が好まれるといいますが、どうせお見合いするなら3高を狙いたくなるのが人情というもの。

せっかくお見合いするなら、高スペックな旦那をゲットしよう!

スポンサーリンク

相手のプロフィールはよく見て!

基本的なことですが、相手のプロフィールのチェックは細かくしよう。出身地、大学、勤務先が一番わかりやすい指標です。

国立大学から官僚や弁護士、開業医となれば超ハイスペックですが、彼が40歳近い場合はちょっと問題ありですね。

「どうしてその年まで独身なのか?」当然の疑問であり、一番重要なポイントです。

高圧的だったり、自分より経歴が劣る人をバカにする人なら、モラハラといえます。いくら稼ぎがよくて結婚したら生活が保証されると言っても、モラハラ夫と暮らすのは苦痛です。

お見合いの席で細かい言葉までチェックして、おかしなところがないか見極めなければなりません。

また、「結婚したら自分の稼ぎを妻に取られる」といったことを少なからず思っている人も見せかけの高スペック男です。

 

昇進の余地はある?

勤務先が大企業でなくても、昇進が見込める人なら候補にしましょう。ここで重要なのは、リーダーシップがありそうかどうかです。

せっかく昇進しても、柔軟さがなかったり部下の面倒見が悪かったりすれば昇進がストップするか、最悪は降格になります。

相手の職種を聞いたら、「自分は詳しくない仕事なので興味がある」という体裁で仕事への情熱を探ってみましょう。「○○さんがリーダーだったら、安心して仕事ができますね」といった流れにもっていければ、あとは相手のリアクションを見ればいいのです。

仕事への愚痴や不満、やる気のなさを感じたら、伸びしろはないかもしれません。

スポンサーリンク

夢の話は具体的?

男性なら、起業したいなど将来について夢を持っている人も少なくありません。仕事で大きく成長したいと言っている人なら、具体的に行動をしているか、計画を立てていなければ信頼するのは危険です。

男女にかかわらず「自分のお店を持ちたい」という人がいますが、収支の目標や融資・返済などをきちんと計画していない人も多いのが現実です。

起業して大きく化けるかもしれませんが、計画的な行動をとっているかどうかを見極めましょう。もちろん、最初のうちの苦労をともに歩む覚悟も必要です。

経歴という表面だけで高スペックなことにとらわれずに、社会人として伸びていけるかどうかが、これからは重要なポイントです。

お見合いでは相手の話を引き出して、次につなげ、じっくりと人柄をチェックしましょう。

もちろん、自分も試されていることを忘れずにいなければ、フラレてしまうので注意です。


スポンサーリンク

 - お一人様, 恋愛 ,

  関連記事