アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方

運命の人に出会う!喪女が世界中でたった一人の男性に出会うためにするべきこと

運命は信じますか?

もう、そういうの疲れたし。運命がある人とない人がいるんだってば。喪女に運命の人はいないと言い切ってもいいと思うんだよね。

なんて腐らないで。運命信じてたほうがかわいいじゃないですか。

運命の人に出会ってやる!

ブスだし友達もいないし、今まで彼氏だっていたことないし、運命の人がいるとも思えない!って、それは「今まで」の話です。

辛い思いをした分、楽しいことがあるはずなんです。

だから、今まで不遇の喪女だって、運命の人に出会って青春を取り戻したって罰は当たりません。

でも、どうしたら運命の人に出会えるのでしょうか。運命の人に出会うには、何か予兆があるようです。

 

運命の人に出会う予兆って?

昔、流行りましたよね「ビビッときた」。

「ビビッと婚」なる言葉ができるくらいですから、これは運命なんだろうと思います。まぁ、芸能人のビビッと婚のその後は置いておくとして…

で、肝心なのはどうすれば「ビビッ」とくるのかです。運命の人に出会う前には、何かしらのイベントが起こります。

具体的には「別れ」です。友達とケンカして距離ができたり、引越したり、会社のリストラなんてこともあるかもしれません。

別れはとても辛いことですが、長い人生の中で出会いもあれば当然、別れもあるわけです。

それを代謝ととらえることができれば、新しい出会いが入ってくるのです。

一つのことに執着しないで手放すことが大切です。別れられずに執着があると、新しい出会いを見逃してしまうのです。

イメチェンしてみよう

女性なら髪を切っただけでかなりイメチェンできます。

洋服のイメージを変えたり、メイクを変えてイメチェンすると、今までスルーしていた人の目を引くことができます。

髪をバッサリ切ったり、パーマをかけたりすれば、会社の女性はみんな気付きますよね?

男性だって、そこまですれば「あれ、なんか変わった」と気づくし話しかけるきっかけにもなります。

知っている人じゃなくても、たとえば婚活パーティーに着ている人の好みに見た目で引っかかるかもしれません。

見た目だけで判断されたくない!というのはもちろんですが、それでもまずは見た目で引っかからなければ、話すきっかけがないんです。それじゃもったいないですよね。

 

面倒くさがらないで!

ちょっと疎遠になっていた人から突然連絡がきたり、急に何かに誘われるのも、運命の出会いの予兆だそうです。

ということは、ちょっと面倒でも誘いには乗ってみるのが正解。

いつもは行かない場所、自分だけだったら絶対に行かないであろう場所に行くのは、それだけでも楽しかったりします。

もちろん、行っただけで何の出会いもないことだってあります。出会った人が最悪だった、なんてこともあるでしょう。

それでも、出会いのないいつも通りの生活よりは、よほど確率があります。

「今日こそは運命の人に出会うかも…」そんな期待に弾んでいると、自分で思っているよりずっと魅力的に見えるものです。

男性からも「この人、なんか楽しそうにしてる」と思われたほうが印象はいいですよね。

運命の人に出会うのも、心がけ次第なのかもしれません。

30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテないが、年収1000万田中圭似の夫と結婚した方法

わたしは30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテない寂しい女でした。しかし今は優しくて田中圭似の年収1000万円の夫と結婚して、幸せに暮らしています。

ブスで根暗だったわたしになぜこんな奇跡が起きたのか方法を教えます。同じようにモテなくて悩んでいる女性に見て欲しい記事です。
アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方