喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

気持ちを切り替えて前へ進もう!片思いを諦める効果的な4つの方法

      2017/04/09

guardian-angel-1144165_960_720

好きな人に気持ちを伝えられずに、諦めることができない。

わたしも片思いは長いほうで、好きな人ができると数年単位で片思いしつづけてしまうことがあります。

これがモテる女性だったら、そのうち向こうから声をかけてくれるのに。

そんなどうしようもできない片思い、どのようにして諦めることができるのでしょうか。

片思いなら誰にも負けない喪女美が、片思いを諦める効果的な方法を4つご紹介します。

スポンサーリンク

できることを全てやってみる

一番おすすめする片思いを諦めるは、ずばり好きな人に対してやれることは全てやる!です。

好きな人にアピールできない引っ込み思案でも、人生の中で一番頑張ってアピールしてかわいい面を見せる。

女だからって受け身をとらずに、LINEを聞いたりデートに誘ったりする。

そして最後は自分の気持ちをきちんと伝える、告白をする。

 

これだけ精いっぱいしてしまえば、フラれてしまっても「自分ではどうすることもできないんだな」と、素直に諦めることができます。

いつまでたっても片思いのまま、好きな人のことを諦められないのは、うじうじと同じ場所をいったりきたりしていることが原因です。

恋愛力が強い人を見ているとわかりますが、好きになったら全力アピール。

そしてフラれたらすっぱり諦められるので、気持ちを切り替えてまた別の人を好きになる。ということを繰り返しています。

恋愛の達人になることは難しいですが、とても好きになった人にだけは精一杯の気持ちを伝えられるといいですね。

 

今の状況を冷静に考えてみる

片思いをしていると、好きな人のことが頭を離れなくなり、気持ちがフワフワ宙に浮いてしまうものです。

わたしなんかは一度片思いをすると長い方で、3年くらいは平気で片思いをしています。

でもそんなに長い間片思いしていると、その間好きな人には彼女ができたり、別れたり、ときには同棲にまで発展してしまうことも。

そんな自分には関係のない彼の恋愛事情を、隅っこで聞いているんです。

 

それって、冷静に考えるとバカみたいで、時間の無駄じゃない?と気が付いた瞬間がありました。

彼はわたしのことなんて眼中にもなく、自分より後に知り合った女性ばかりを好きになっているんです。

男性のほとんどは、好きになる女性や付き合いたい女性には出会ったときからアピールをして、知り合ってから3か月以内に付き合うことが多いそうです。

 

その統計から考えると、数年以上彼の方から何もアピールされない状況って、とても惨めな物です。

そんな状況から頑張って彼女になれたとしても、なんだか釈然としないなあ・・・そんな自分の状況と彼の扱いの差を冷静に見つめてみると、諦めがつくケースもあります。

スポンサーリンク

他に好きな人を見つける

片思いを諦めるネタとしては鉄板の、他に好きな人を見つける方法。

夫婦も3年で愛情が冷めるといいますが、片思いにも気持の変化は当てはまります。

片思いは好きになった3か月までがピークで、半年ほどたつころには最初の熱がクールダウンするそうです。

半年も片思いをしているなら、その気持ちの変化を狙って、そろそろ次の男性に目を向けていいタイミングです。

 

なかなか気持ちに区切りがつけられないなら、彼に告白して気持ちを切り替えるなど、何かアクションを起こすべきです。

片思いは、彼女の関係よりも関係が希薄で、なかなか片思い中に彼のことを嫌いになるほどの出来事は起こりづらいです。

付き合っているなら、彼の生活態度に嫌気が差したりと嫌いになることもありますが、片思いを続けてしまいがちです。

嫌いになるきっかけを掴めないなら、そのまま彼を好きな状態でも構わないので、他の男性に目を向けてみましょう。

熱を上げていた頃には見えなかった、素敵な男性が見つかる可能性は高いです。

 

海外旅行へ行ってみる

これはわたしの女友達が実際に体験したエピソードですが、彼女はなんと8年もの間、同僚の男性に片思いしていました。

23歳のころからなので、当時はすでに31歳になっていました。

彼女の場合凄かったのが、好きな同僚が結婚してからも片思いし続けたんですね。

そんな彼女が、ネットで当たった海外旅行をきっかけに、大化けしたんです。

 

ドイツとパリ旅行が当たったんですが、女の一人旅ということで、色々な人から声をかけられたそうです。

言葉が分からないドイツのカフェで初老のおじさんと3時間話し込んだり、イケメンの男性に美術館で丁寧に説明を受けたりと。

たくさんの人とふれあい、その外国の風景や街並み、文化に触れたことで、彼女は戻ってきてから一変しました。

片思いしていた男性のことはすっぱり忘れていて、「今までの自分はまだ生まれていなかったみたい」と言っていました。

 

それから彼女は好きな人ができると自分から自然にアプローチするようになり、そんな彼女の自然体が男性には高感度大で、海外旅行から2年ほどですぐに結婚してしまいました。

「海外旅行は人生を変えるほどのインパクトがある」と言われることがありますが、この言葉は、今の自分に迷っている人にはとても効果があるようです。

何年も片思いを続けている人は、心の休暇の意味でも、行ったことのない外国に行ってみると気持ちの変化があるかもしれません。


スポンサーリンク

 - 恋愛 , , , , ,

  関連記事