喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

結婚したいと思っている喪女のほとんどが結婚できない真実

      2017/08/13

 

喪女の皆さん、結婚したいですか?

「したいけど、まだいい」「30代から本気出す」といろいろな声が聞こえてきそうですね。

しかし、実際喪女が結婚しようと思ったら、ハードルはかなり高いです。

ここでは、そのような喪女の皆さんの厳しい現実をご紹介します。

スポンサーリンク

一般的見解では

女性の未婚者は国勢調査によると、2015年において30~34歳で約3人に1人、35~39歳で約4人に1人となっています。

原因は非正規労働者数の増加や独身でもいいと考えるスタイルの増加などの社会的背景が考えられるでしょう。

どちらにせよ、データ上でもこれだけの未婚者がいるのです。

 

そして、もてない女性とも言える喪女の方々は結婚したいと思ってもできないのが一般的見解ではないでしょうか?

しかもアラサー、アラフォーと歳を重ねるにしたがい高いハードルがさらに高くなり、最終的に飛び越えることは不可能になりそうです。

これは喪女にとっては厳しい真実と言えるでしょう。

 

歳をとったら条件は一緒?

女性が歳をとったら結婚できずにもてないのは、喪女であろうと普通の女性であろうと同じということも考えられます。

確かにそれも一理ありますが、逆に年齢を重ねると魅力的に見える女性もいます。

 

つまり、恋愛経験豊富な女性や離婚者というように男性に縁がありそうな女性はアラサーでももてて、結婚により近いのです。

仮にアラフォーになってももてる女性は存在します。

彼女たちは結婚できないのではなく、あえて結婚しないスタイルを貫いている女性だと言えなくもありません。

 

対して、男性に縁がない喪女は歳を重ねれば結婚は難しくなる一方です。

結婚したいと思っても男性に相手にされないというのは寂しい限りではないでしょうか?

喪女が認めたくない現実かもしれません。

スポンサーリンク

じゃあ、どうするの?

喪女が結婚するのは難しいということは一応わかりました。

では、結婚するのをあきらめますか?

 

もし結婚したいとあきらめたくないのであれば、今から婚活なり何なり積極的に行動すべきでしょう。

傷つく暇などありませんので、ダメなら次!といった精神が大事です。

 

今は結婚はいいやとなっては、ちょっとというかかなりまずいので、現状でもっと焦るべきではないでしょうか?

アラサー、アラフォー…時間が経てば経つほど、結婚ははるか彼方に遠のきます。

また、容姿はどうしようもないかもしれませんが、メイクや美容など少しだけでも気をつかうことは重要です。

 

少しでも男性に選んでもらえるように、喪女なりの努力をして結婚をめざしていきたいものですね。

一握りの可能性に望みをつなげるという覚悟も必要でしょう。


スポンサーリンク

 - 恋愛 , , , , , ,

  関連記事