喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

喪女とお見合いの相性はばつぐん!もてない女が婚活市場でモテる理由

      2017/11/07

出会いがないと感じている喪女の方々はお見合いしてみるのはどうでしょうか?

「どうせ私じゃ無理でしょ?」という声も聞こえそうですね。

しかし、そういった婚活市場では、喪女でも意外とモテるんです。

ここでは、そうなる理由をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

女性に縁がない男性が多い

お見合いのような婚活をしている男性は、普段女性に縁がないからという理由によるものがかなり多いと思われます。

職場や仲間内での出会いがないからこれしかないという感じで臨む…というケースです。

 

よって、そういう女性に縁がない男性は、そこで出会った女性を喪女だからいらないと選別することはほとんどしないでしょう。

彼らにとっては貴重な女性との出会いなのですから。

 

もちろん、モテない男性が多いことは事実かもしれませんが、中には本当に出会いのない普通の男性もいます。

そんな普通の男性でも、女性に縁がないためか、喪女でもきちんとアプローチしてくる場合が多いのです。

 

女性に選ぶ権利がある

登録制のお見合いサービスなどは、女性に選ぶ権利があります。

なぜならば、圧倒的に男性の方が登録者数が多いからです。

シンプルな理由ですね。

 

もちろん仮に喪女であってもそれは変わりませんので、利用してみると自分がモテるということが実感できると思います。

よって、そこにおいてどんな女性でもアプローチしてくる男性を取捨選択する必要があります。

 

男性に申し訳ないと思いつつも、逆にうれしい悩みかもしれませんね。

また、年齢によっては確かにアプローチしてくる男性の数は減ってくるかもしれませんが、ゼロということはほぼありえません。

逆に男性だとゼロの場合も多いので、女性にとってはたとえアラサー喪女でもお見合いとの相性はばっちりですね。

スポンサーリンク

男性はけっこうがんばる

人づてにお見合いを利用するということは年々減ってきており、現在では有料のお見合いサービスを利用するのが一般的です。

そこでは一部例外はありますが、男性有料女性無料の方式のものが多いです。

 

ということは、男性としてはお金を払っているのだから、その分がんばって婚活しようとすることが普通なのではないでしょうか?

女性は無料のため、気軽にできる分、必死にアプローチする女性はたとえ喪女でもほとんどいないでしょう。

 

そこにおいて、女性は基本的に待ちのスタイルになるわけですよね。

逆に男性は、決して安くはない料金を払っていることも多く、たとえ喪女でも出会いのためにどんどんアプローチしてきます。

 

がんばらないともったいないという理由によるものです。

よって、結果的には女性がモテるということになるのです。


スポンサーリンク

 - 恋愛 , , , , ,

  関連記事