喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

出会いが少ない社会人でも彼氏が欲しい!いい男が見つかる穴場スポット

      2017/12/04

「ああ、彼氏が欲しい!でも社会人で出会いないし、私喪女だし…」とお嘆きの女性はおられますか?

ネットを利用したり、街コンに行くのもよい方法ですが、それ以外にも方法はあるんです。

ここでは、彼氏が見つかるような穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

ジムや料理教室などに通う

休みの日にもし時間があるのならば、ジムや料理教室などに通うのがおすすめです。

もちろん、自分の興味のある分野についてが最適でしょう。

 

社会人ともなれば、学生時代と比べて異性との出会いは格段に減りますので、こういう場所で出会いを求める方々は意外といます。

まずは彼氏が欲しいオーラを隠して、何回か通ってみるのです。

 

そうすると顔見知りの男性が何人かできるはずなので、そこから話が進めばグッドでしょう。

そうは言っても、喪女なので無理と考えてしまうかもしれません。

 

しかし、男性は何回か女性と共に共同作業、会話をしていたりすると、その長所に気づき、顔なんて関係ないとなることも多いのです。

よって、この方法は喪女でもいける可能性がありそうですね。

 

イベントに赴く

野球観戦、ライブなど自分の興味あるイベントに行くのもよいでしょう。

隣になった男性と意気投合して恋愛へ…というケースはドラマだけのものと思われがちですが、意外と現実でもあるんです。

そこには趣味の一致という話題になる共通点が既にあるからだと考えられます。

 

もちろん、一回で出会うのは無理かもしれませんし、社会人です、いつも行けるという場合も少ないでしょう。

そこで出会いのポイントになるのは、男性の隣になるなどチャンスのときに笑顔をキープしつつ、彼氏が欲しい&話しかけてきてオーラを出すことです。

 

無愛想な顔をしていると男性は話しかけづらいものなので。

たとえ、喪女だったとしてもイベントでテンションが上がっている最中です、男性も積極的に声をかけてきて、そこから恋愛に発展することもあるのです。

スポンサーリンク

バー

「バー?喪女の私じゃなく、出会いがあるのはかわいい子だけじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。

しかし、バーに通う女性には、男性は誰であろうと積極的に話しかけてきてくれます。

 

バーともなれば盛り上がっていることも多いでしょうから。

ポイントは、ハードルは高いのですができるだけ一人で行くことです。

 

というのは、一人寂しくしている女性に男性は惹かれるものなのが理由ですね。

社会人ならば、会社帰りにふらっと何となくバーに寄るのもよいでしょう。

 

そこで彼氏が欲しいオーラを出せば、男性の知り合いは増えて、彼氏ができる確立は高くなります。


スポンサーリンク

 - 恋愛 , , , , ,

  関連記事