アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方

彼と付き合ってるのかわからないときに確認するべき男性の3つの行動

「私たちって本当に付き合っているの?」と疑問に思っている女性はいますか?

特に喪女の場合、そう感じてしまうことも多いかもしれません。

ここでは、そんな付き合っているかわからないときに確認すべき男性の行動を3つご紹介します。

忙しいのかどうか

喪女が男性と付き合ってるのかわからないと思う場合、その会う回数か少ないことに不安を感じているケースがあります。

そのとき、男性は決まって「忙しいから」と言うことが圧倒的多いでしょう。

 

もちろん、仕事など本当に忙しくて会えない場合もあるとは思います。

しかし、女性と会いたくないがために、そう言っていることもやはりあるのです。

そのため、本当に忙しいかどうか確認することをおすすめします。

 

といっても、現実的には無理なので、一日中付きまとえと言うことではありません。

この場合、たとえば出張先の写真を送ってもらう、忘れた頃にその忙しかったときのことを聞いてみるなどの方法を用います。

 

忙しいことを会わない理由にしている場合、ごまかしたり、答えられなかったりします。

そうなると本当に付き合っているのかは疑わしいですね。

 

主導権を握るかどうか

男性がデートにしろ何にしろ、何も提案してこなかったりすると、喪女としては付き合ってるのかわからないと感じてしまうでしょう。

いつも女性が主導権を握っていると、「本当に私と会って楽しいの?」と思いがちです。

 

こういう場合、特別な日たとえば女性の誕生日などにあえて何も言わないで男性の様子を見ることをおすすめします。

本当に付き合っていると考え、女性を大切に思っているのならば、男性はそのような日はちゃんと主導権を握って行動してくれるはずです。

 

もちろん、女性が言わずともそのような日を覚えていることは必須ですね。

しかし、「忘れてた、ごめん」などを言うようでは本当に付き合っているかは疑問ですね。

結婚をどうするか

付き合ってるのかわからない場合、結婚についてどう思っているのか男性に聞いてみるのもよい方法です。

しかし、喪女としてはストレートに「私と結婚したいの?」と聞くのはなかなか厳しいかもしれませんね。

 

そこで、遠回しに男性の行動を見ることをおすすめします。

たとえば、「ちょっとベビー用品見に行こうか?」など男性に結婚を意識させるようなことを聞いてみるのです。

 

そこで、男性が嫌がったりして別の行動をとろうとしたら、結婚を考えていないことになります。

もちろん、交際と結婚は別という考えもあるでしょうが、この場合は少なくとも二人の将来に不安を感じずにはいられないと思われます。

やはり本当の意味で付き合っているとは言えないのかもしれませんね。

30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテないが、年収1000万田中圭似の夫と結婚した方法

わたしは30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテない寂しい女でした。しかし今は優しくて田中圭似の年収1000万円の夫と結婚して、幸せに暮らしています。

ブスで根暗だったわたしになぜこんな奇跡が起きたのか方法を教えます。同じようにモテなくて悩んでいる女性に見て欲しい記事です。
アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方