アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方

男からおごってもらえない喪女ならではの貧乏エピソード

喪女にとって辛いのはモテないことだけではありません。

喪女はお金がない…貧乏なんです。

もちろんコツコツ貯金をしてたんまりとため込んでいる喪女もいるでしょう。

 

ですが、貯金どころではない極貧喪女も多いです。

喪女はため込んでるタイプと、明日の食べ物にも困る貧乏喪女と二極化する気がしますね。

そんな喪女ならではのこんな貧乏エピソードをご紹介します。

喪女はおごってもらえない

女性なら男性に奢ってもらうのは当たり前って、どこの世界の話なんでしょうか。

私は1回も奢ってもらったことありません。

食事代は男が出すものなんてもはや都市伝説じゃないかと思っています。

 

奇跡的に男性に食事に誘われてウキウキと食事をしても、一円単位で割り勘です。

量的には男性の方が絶対多く食べてるんですけどね!

 

最近では男性と食事に行っても、むしろ自分から全額出してしまいます。

お金なんてないし、むしろ貧乏だけど。

いいよいいよ、喪女に付き合わせてごめんね!私がおごるよ!

 

女子無料の合コンも喪女は有料

その日は4対4の合コン。

私以外はみんなみるからにリア充なキラキラした可愛い女の子たち。

 

男性陣もイケメンばかりで、当然私には見向きもせず可愛い女子だけと話していました。

そりゃそうだよね、私が男でもそうするわ、と喪女を自覚してる私はもはや悟りモードだったのですが、せっかく合コンにきたのだから少しでも楽しまなくては、と何か変なスイッチが入った。

 

「ねぇねぇ、私もいるよwww」「ブスが邪魔してごめん☆テヘペロッ」と、ウザさ前回でウケを狙いに。

「コイツうぜーーーwww」と男性陣は弄りキャラ認定してそこそこ盛り上がった。

と、ここまでは良かったんだ。

 

そろそろお開きってころに「じゃあ女の子はタダで。あ、喪子は5千円ね」

「え?何言ってんのー、私オンナノコだしぃー」とその場では冗談だと思ってウザく流した

けど、清算のとき「何やってんの早くだして」って言ってる目がマジで黙って一葉さんを差し出すしかなかった…。

 

その後7人は二次会に消え、私は家でDVD観ながらピザ食べて一人二次会。

泣いてない…泣いてないんだからね!

趣味に全財産を費やす喪女

食事や遊びに行ったりする相手もいないので趣味に全力投球です。

DVDやグッズ買ったり、地方まで遠征に行ったり…それで貧乏になるなら本望。

 

対して親しくもない人ととの付き合いに出費するよりも、推しに全財産つぎ込んだ方が幸せです。

服にもメイクにもお金かけてないし遊びに行くわけでもないのに食費削ってそんなに使ってどうするの?って聞かれますが。

 

うるさい!推しは私が養うんだよ!!

自分の生活なんて二の次でいいんだ!推しのグッズさえあれば幸せ。

後悔はありません!(キリッ

30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテないが、年収1000万田中圭似の夫と結婚した方法

わたしは30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテない寂しい女でした。しかし今は優しくて田中圭似の年収1000万円の夫と結婚して、幸せに暮らしています。

ブスで根暗だったわたしになぜこんな奇跡が起きたのか方法を教えます。同じようにモテなくて悩んでいる女性に見て欲しい記事です。
アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方