喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

一人暮らしの独身女必見!一人でも困らない生活に役立つライフハック5選

      2017/04/09

wedding-gift-590891_640

一人暮らしは家族といるよりもコストがかかる分、節約することが大きなポイントです。家計簿をつけるのが面倒なら、普段から出費を意識しないと、インフレに負けてしまいます。

そこで、一人暮らしの喪女がするべきライフハック5選!

スポンサーリンク

①電気のアンペア数を落とせ

ブレーカーのアンペア数はいくつになっていますか? 一人暮らしなら、15Aもあれば十分です。

部屋の大きさによりますが、ワンルームや1DKの間取りについているのは大体30Aです。東京電力なら30Aの基本料金は842円です。

これを15Aにすれば月額421円と半額に抑えられるのです。電子レンジと電気ポットなど、消費電力の大きい家電を同時に使うとブレーカーが落ちてしまいますが、それさえ気をつければまったく問題ありません。

 

②ご飯は大量に炊いて冷凍すべし

1回に1合ずつご飯を炊いていたんじゃ、時間もかかるし面倒です。一度に3、4合炊いて、1食分ずつ小分けに冷凍しておけば電子で解凍するだけで食べられるので、電気代も時間も節約できます。

冬場でも麦茶やほうじ茶などの1l分が作れるパックでお茶を作っておけば、いちいちお湯を沸かさなくてもいいので便利です。電子レンジ可能なカップに入れてチンすれば、ちょうどよく飲める温度のお茶が手軽にできます。

タッパーに水と一緒に入れてパスタも茹でられます。ついでに、野菜も茹でて冷まして冷凍しておけばいつでもすぐに使えます。

電子レンジは一人暮らしの必需品ですね。

スポンサーリンク

③収納といえば無印良品

一人暮らしの部屋では、十分な収納がないことも多くて物が溢れ出るんですが、そんな時は無印良品の収納ケースです。

押入れにちょうどいいサイズになっていたり、押入れがなくてもちょうどいいサイズが見つかる不思議。いくつも重ねて置けるしムダなスペースが出ないのがとにかく気持ちいいです。

 

④クレジットカードでポイントゲット

支払いには現金よりもクレジットカードがオススメです。

携帯料金、水道光熱費、定期代などはクレジットカードで支払えばポイントが貯まります。もちろん、普段のお買い物にも。

スーパーなど、現金払いじゃないとお店のポイントが貯まらないこともありますが、どっちが還元率が高いかを見極めて使いわけるべし。

 

⑤シャワーヘッド大丈夫?

アパートやマンションだと、シャワーの水圧が弱いところがあります。シャンプーを流すのに時間がかかるので、そんな時はヘッドを交換しちゃいましょう。

ロフトや東急ハンズのようなお店や楽天、Amazonでも買えます。

シャワーの出が良くなるだけでかなり快適です。

ほかにも工夫次第で生活がどんどん便利になるライフハックがたくさんあります。

いろいろ試せば楽しくなりますよ。


スポンサーリンク

 - お一人様 , , , ,

  関連記事