喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

60代で一度も結婚したことがない女性が後悔していることベスト3

      2017/04/09

mikonritsu

これは総務省統計局が出している国勢調査報告データの未婚率です。
40代で未婚の女性が、この先結婚できる確率は、5%未満といわれています。つまり、今アラフォーで独身なら、一生独身を覚悟することになります。

「結婚したくてもできない」という人が多いと思いきや、案外「一人の方が気楽。結婚なんてしたくない」という女性も多くいます。

そんな独身貴族を貫いているバリバリのキャリアウーマンもカッコいいですが、年をとったら悲惨なことになるかもしれません。

スポンサーリンク

60代未婚女性の後悔①

親に孫を見せられなかった…

結婚はしなくても、子供だけは産みたかったと後悔する女性が多いです。

1人が気楽、結婚・出産だけが女の幸せじゃない、と思っても、年老いた両親の姿を見て「孫を見せられなかった自分は親不孝だ」と思う人が多いのです。

事情があって、子供を産めない人もいます。ですが、産める体ならば子供を持つことを真剣に考えてみましょう。自分が年をとったとき、心配してくれる家族はいますか?

相手がいないならバンクに行くことも、今ではよくあります。孤児を引き取るのもいいでしょう。

子供を育てることは責任が重いですが、その分の喜びがあるはずです。

60代未婚女性の後悔②

老後が不安…孤独死が怖い

人は必ず年をとります。仕事に生きてきた男勝りな女性にも、定年退職する時がきます。

派遣やアルバイトはもちろん、一般のOL並みの給料だった女性には、老後のお金の心配が必ず襲ってきます。

若いうちは一人暮らしが気楽ですが、体の衰えとともに病気になったときの不安も増します。

急な心臓発作や脳梗塞などで、死んでしまったら…何日も発見されなかったら…

その不安への現実味が増すと、独身でいることを後悔するようになります。

スポンサーリンク

60代未婚女性の後悔③

私の人生って何だったんだろう…

60代になれば、同年代の友達には孫が生まれています。

とっくに退職しているか、働いていても「生活費を稼がなきゃ!」というよりは「生活費の足しになれば」という程度です。

会うたびに孫の話を聞き、家族と旅行に行った話を聞き、また夫への愚痴で盛り上がるわけです。

否が応でも、悠々自適になってきた友達と自分の生活とを比較してしまいます。

離婚した友達もいるでしょうが、一度も結婚していないよりは、話に入れるし精神的なダメージは少ないでしょう。

子供に関しては、年齢にリミットがあります。

確かに、結婚して子供に恵まれても後悔しない人生はないかもしれません。完璧に幸せな人生はないのかもしれません。

幸せな結婚が若いうちの幻想だとしても、結婚の辛さも含めて経験しているのとしていないのとでは、その後の人生に大きな影響を与えます。

そして、何もラブラブな夫婦になることが全てではありません。

生活のパートナーと思えば、モテないから結婚はムリという結論にはならないのです。

「興味ない」と最初からはねつけないで、婚活を頑張る選択肢を考えてみることをお勧めします。


スポンサーリンク

 - お一人様 , , , ,

  関連記事