喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

もう無理・・・団体ツアーに1人旅で参加して失敗だったこと

      2017/04/09

イヤー失敗しましたグルメ団体バスツアー

まず最初の団体ツアー参加で、「うわっヤバいわ!」ってなったのが、グルメバスツアーです。

私の場合はカニ食い倒れ4日間って旅でしたけど、バスがもう無理ですね。あれで痛感しました。

最大の理由は年齢層がとにかく高すぎです。個人的にああいったグルメツアーは「限りなく晩年にいくもの」と考えた方が無難かもしれません。

 

もちろんそうじゃないバスツアーもありましたよ。

でもそれってシーズンで、一般的な会社員が休み時の、ファミリー向けで参加条件が2人以上とか、結構女性1人じゃ参加できないパターンが多いです。

どこへ行っても特に女性は、高齢者の男性から女性1人はツアー中マドンナ扱いです。

 

いえ、決して悪い気はしませんが、「もういい加減ほっといてくれないかな?」って思うくらい、旅の間中、あれやこれやとお節介されます。

それとあのジェネレーションギャップを感じるギャグね。お世辞でも「笑わないとダメですか?」って思いますよ。

帰って来たら、ベッドで大の字に寝ましたね。基本的に解放感が恋しくなります。

スポンサーリンク

アチャー、こうなるのか?の鉄道の旅

鉄道でお座敷列車ってあるじゃないですか?あれもまた、無謀にも女性1人でチャレンジしちゃいました。

結構車窓も眺めて、色々食事も美味しいので良いんですけど、なんて言いますかね、閉鎖的な空間での長時間飲酒はハッキリいって、女性にとっては苦しいです。

最近では流石に「大宴会」状態になるのか、多くのツーリスト会社は、団体様限定になってますが、もうあのグデングデンになる自分と、周囲のバカ騒ぎは見たくないです。

 

年齢層の上下関係なく、やっぱり床に座ってお酒や食事は、電車で揺られながらは厳しいんじゃないでしょうか?

友達も女性1人チャレンジをやったそうですが、「人それぞれ、別の目的があるみたいよ。」と意味深な言葉を残して苦笑いしていましたね。

どうやら失敗だったみたいです。

 

精神的にもう無理なの!ダラダラグズグズの旅行記

団体ツアーに「1人でもOKです。」というのは、国内旅行では失敗談として多いのは、やっぱり自分1人明らかに”浮いています”って感じになる事ですね。

なんて言いますか、日本人だけかもしれないけど、団体ツアーでも集団でガイドが旗をもって誘導って、今は無いんですよね。

 

「現地自由行動」は原則で、しかも寄るころがことごとく、見学でもお土産屋でも、「そこ以外は、行きようがない」って場所がほとんどなんです。

別に自由行動と言っても、ホントに1人で自由に歩き回れるわけじゃないです。

やってみると、時間になるとドンドンバスとかに、ツアー客は帰ってきますし、何だかまだ外にいるのは私だけって状況は多いです。

 

加えて、集団も大抵3~4人で集ってその単位で行動するパターンが、まぁ大半です。下手にこうしたコミュニティに、付き合うとするじゃないですか。

途端に女性の集団にありがちな、ダラリダラリとノロノロ歩きに付き合わされる羽目になったり、

コミュニティの趣味で見たいところも諦めたりと、不満が鬱積します。団体ツアー参加で失敗したと感じる瞬間です。

むしろ「人寂しい」と普段感じている女性なら、こうした失敗は無いのかもしれませんけどね。

 

寂しさ全開のトレッキングツアー

団体と合わさったトレッキングツアーも失敗が多いです。明らかに「浮いてるじゃん…」って思う事ばかりじゃありません。

自然満喫なんてもんは、明らかにどっか行ってますって感じに、途中からなる事ですね。おしゃべり大会ですよ、これは本当です。

しかも男女問わずなのでかなり始末悪いですよ。

 

途中から自然なんて見ていません。家庭の愚痴、夫への不満、会社の話、それこそウンザリするほど聞かされます。

話題性ってそういえば、そんなに普通の人って持ってないじゃないじゃないですか。

しかも、似たような話をするしか無いので、途中から景色は見ないで地面ばかり見る羽目になります。

 

明らかに、この時点で失敗です。この教訓から、次回から団体のトレッキングツアーは、「女性なら友達同士で行け!」ってことですよ。

失敗して聞き疲れしないためにはね。話を聞かなきゃいいじゃんって思うかもしれませんが、それは長時間孤独感を感じますよ。

団体以外は人もいないし、しかも決してスマートでオシャレな格好じゃないですからね。

スポンサーリンク

カップルにウンザリ1人夜景クルーズ

1人参加で超失敗しやすいのが、夜景クルーズです。そこまでやるかな?的な熱愛を見せつけられます。

夜景クルーズは「個室」にしてほしいです。ただでさえ、日常的に女性1人って見た目が寂しそうとか、勝手な想像されますよね。

本当に迷惑千万、余計なお世話ですが、周囲は全くお構いなしです。年齢なんて関係ありませんよ。

 

何故か暗がりで夜景を見ると老若男女問わず、ロマンチックな気分になるみたいですね。

昼間で明るい太陽の下で聞けば、赤面もののセリフも耳にします。大、大、大失敗なのは夜景お1人クルーズでしょうね。

地方から旅をしてまで、他人のラブラブ見学なんて勘弁ですよ。

 

マニアに困ったここは何かの出会い系?

鉄道とか歴史探訪ツアー、よくありますよね。女性1人団体に混じって1日がかりの旅です。

しかしですね、ツアー自体は素敵なんですよ。問題は参加者の方です。

必ず1人くらい、妙に現地に詳しい人が参加している確率が高く、しかも「歴史探訪」からして、マニア臭漂う人が結構の割合でいますね。

 

いえ、マニアの方が嫌ではありません。なんか「大学の研修か?ココ?」て感じになることがよくあるんです。

また、それをきっかけにしたいのか、女性1人旅が”バレる”と、頻繁では無いですが「グイグイ来ますね?アナタ」って人と遭遇します。

失敗したというか、団体ツアーでなきゃ良かったのかもしれません。


スポンサーリンク

 - お一人様 , , , , ,

  関連記事