喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

どうせ一生喪女独身ならペットを飼おう!おすすめベスト5

      2017/04/09

c9071ba4
一生独身の喪女には、一生友達もできないの?

そんなことはありません。友達は人間だけではないのです。

そう、動物だって大切な友達。愛情を感じるペットなら友達どころか、大切な家族です。

犬や猫はペットとして人気で身近ですが、仕事で家を空けている間が切なくなります。

ペットは欲しいけど、散歩とエサやりがうっかりしそう…鳴き声が近所迷惑になったら…爪で床や壁に傷がついたら…部屋に臭いがつくかも。

ペットをためらう理由が多いのも、切実な問題です。

そこで、吠えたり引っ掻いたりしない動物や散歩などがラクな動物を集めてみました。

スポンサーリンク

第5位・ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコウ)

爬虫類に興味のある方にオススメです。トカゲの仲間で、ヒョウのように黄色い身体に黒い斑点があります。

原産はインド、パキスタンなので、飼育するには最適な飼育環境は30℃程度です。体長は20・25センチと小さいですが、寿命は10・20年と長く、丈夫で飼いやすいと言われます。

噛まないことやトイレを覚えられることが、育てやすい理由です。寒いのが苦手とはいっても、冬に暖房をつけて湿度も与えていれば飼育できます。エサは冷凍のマウスやコオロギなどの昆虫ですが、2、3日に1回でいいのでムリなく飼えそうです。夜行性なので、触れ合う時間はヒョウモントカゲモドキに合わせてあげないと、ストレスになります。

値段は数千円・2万円ほどです。

 

第4位・ネザーランドドワーフ(ウサギ)

ウサギは短い睡眠を1日に何度も繰り返しているので、仕事から帰ってからでも遊べます。鳴くことも滅多になく、狭い室内でも飼育可能です。

色のバリエーションも多く、感情表現が豊かなのも癒やされるポイント。物をかじる習性があるので、初めに躾をしておかないと、ケーブルや家具などを噛まれてしまいます。また、手を噛まれるとかなり痛いので、躾は大事です。

エサは朝夕の2回でいいので、日中仕事で外出していても大丈夫です。トイレも決まった場所にする習性があるので、飼いやすさの1つです。

ウサギといえば人参ですが、エサは野菜や牧草です。栄養バランスを考えたウサギ専用のエサ(ペレット)も市販されています。

暑さと寒さに弱いので、20・26℃の室温を保つようにしましょう。

値段は3・8万円で、寿命は6・8年ほどです。

 

第3位・ハリネズミ

人に慣れさせたブリーダーの元から入手すれば、懐いてくれます。小型で見た目の愛らしさから人気の不思議な生物です。小さくて鳴くことも滅多にないので、アパートでも十分に飼育可能です。

臆病な性格なので恐怖やストレスになりそうなことを取り除いてあげることが大切。噛み付くこともまれにありますが、ハリネズミのことを考えてあげて対策を取りましょう。

エサは専用のフードか、手に入らなければキャットフードやドッグフードで対応できますが、飽きやすいのでいろいろな種類を混ぜて与えます。

24~29℃が生育に適した温度で、寒すぎれば冬眠、暑すぎれば夏眠してしまい、最悪の場合は命にかかわります。エアコンを上手に使って、ハリネズミに適した環境を保ちましょう。

値段は15000~30000円で、寿命は5~10年ほどです。

スポンサーリンク

第2位・フクロモモンガ

初めは警戒して威嚇しますが、毎日名前を呼んであげれば慣れて飼い主を覚えてくれる優しい子です。

夜行性なので、エサは夕方から夜のに与えます。木の実や果物、野菜とコオロギ、ミルワームがフクロモモンガのエサです。

暑さにも寒さにも弱いので、18~28℃を保つように温度管理をしてあげましょう。

せっかくモモンガを飼うなら飛ばせてあげたいものです。室内で放してあげれば、練習して飛べるようになります。小動物なので、部屋の中に危険がないようにし、見失わないようにしましょう。

値段は10000~25000円ほど、寿命は5~7年です。

 

第1位・フクロウ

ハリーポッターで人気のフクロウは猛禽類なので、一見怖そうですが、最近はペットとしても大人気。ブリーダーの元から入手すれば、人にも慣れやすく比較的おとなしい性格なので飼いやすいのが理由です。

ネットでも話題になるフクロウのシュールな姿に思わずハマります。

エサは冷凍のマウスやヒヨコ、野菜は食べません。

鳴き声は個体によって大きさが違うので、近所迷惑が心配なら必ず確認してから購入します。

値段は15~40万円と、これも個体によって大きく差が出ます。寿命も小型で15年、大型になるほど長いので、深い絆が生まれるでしょう。

ペットが懐いてくれれば、喪女の寂しい独身ライフに彩りを与えてくれます。仕事で疲れた喪女を優しく癒してくれる子を迎えよう。


スポンサーリンク

 - 生活 , ,

  関連記事