喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

子供は苦手?子供が好きなポイントを抑えて楽しい素敵なお姉さんになるコツ

      2017/04/09

girl-511883_640

友達や兄弟の子供が悩みの一つになっている独身喪女はいませんか?

子供にどう接していいのか分からないから何となく苦手だと思っているなら、子供が好きなポイントを知れば接しやすくなります。子供が懐いてくれると、自分も嬉しいし好きになります。

スポンサーリンク

子供が好きなものは?

話せるようになると、アニメやおもちゃに夢中な時期があります。

アンパンマン、電車、プリキュアなど、子供に人気なものは大体共通しています。子供が持っているものや洋服、ママの話から好きなものはすぐに分かります。

好きなものがわかったら後は簡単。

「これなんていうの?」「これかわいいね」「かわいいお洋服着てるね」

と、興味を示してあげれば大体は答えてくれます。

そのまま話を続けて「じゃあ、これは?◯◯ちゃんは何が一番好き?」と聞いていけば、初めは恥ずかしがっていた子供でも話せるようになります。

 

子連れランチだ!

お店を選ぶときは「◯◯ちゃんは何食べたい?」と好みをリサーチ。ママにも「◯◯ちゃんが入れるお店にしよう」とさりげなく言えば喜んでもらえます。

ご飯を食べているときは、一生懸命食べているのを応援します。

取り分け用の小皿があると、ママには便利なので「小皿もらおうか?」と聞いてみましょう。これで気がきく大人です。

自分が注文したメニューに子供の好物があれば、箸を付ける前に「これ食べる?」と言ってみてもいいでしょう。ママに「大丈夫?」と確認してから小皿に分けてあげます。

好き嫌いの多い子供だとちょっとイライラしてしまいますが、「これ食べたら大きくなれるよ!あとちょっとだよ!全部食べられたらデザートくるよ」とモチベーションを上げる手伝いもしておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんすぎて困った?!

まだ、自分では好きなものが言えないときはどうしたらよいでしょうか。

子供は生後4ヶ月ころから喃語といわれる「あー、うー」などの不明瞭な言葉を発し始めますが、そんなときに好きなものを聞いたところで答えは返ってきません。

話が通じないと困ってしまいますが、それでも話しかけてあげることが大切です。

最近のママはベビーカーにマスコットをつけていることが多いので、それで気を引いてみたり、顔を見て名前を呼んであげたりしましょう。

口で優しく破裂音を出したり、リズムをつけてお腹や手に軽く触れてみたりすると反応してくれます。

 

ママを助けてあげよう

子供がいると、どうしても親は行動範囲が狭くなったり制限が出てきます。荷物を持ってあげたり、ベビーカーでもたついてしまう会計を先に人数分済ませてあげたり、力になれることはあります。

ママが子連れでもいやすい雰囲気にしてあげると、子供にも味方だと伝わります。ママのほうも、子供が懐くようにしてくれます。

仲良くなれたら、抱っこや手をつないでみると、ますますかわいく感じますよ。

独身だって、子供に好かれる人はたくさんいます。ママの味方で遊んでくれる人、と思ってもらえれば、子供への苦手意識もなくなります。


スポンサーリンク

 - 生活 , ,

  関連記事