アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方

独身女は女友達を大切に!友達が家に泊まりに来る時のおもてなしグッズ

独身女が一人で生きていくために必要なもの、それはお金だけではありません。

家族や友達はかけがえのない財産なんです。なかでも悩みを打ち明けたり激励し合うことのできる女友達は大切にしないといけません。

ある程度腹を割って話ができる仲なら、一緒に旅行したり、お互いの部屋に泊まったりもできます。心強い存在ですよね。

そんな大切なお友達をおもてなしする準備はできていますか?

いつ来てもいいように、そして、快適だと言ってもらえるように準備しておきましょう!

必須のおもてなしグッズ

女同士気兼ねなくいられる仲の友達はとっても大切です。そこで、心地よく泊まりに来てもらうためには、「彼女専用」を用意しておくといいでしょう。

タオルはバスタオルと髪を拭く用、洗顔用と3枚は必要です。高級でなくとも、同じブランドのものがいいですね。

自分では使わないようにして、友達が来るたびに綺麗に洗濯されたものを出せば、気持ちよく使ってもらえます。

ラクな部屋着も用意しておきましょう。パジャマっぽすぎないように、女の子らしいけれど、気を遣わせないように高級すぎないものがいいですね。

どんな座り方をしてもラクなこと、下着が透けない色、体にぴったりしすぎないことを意識して選びましょう。

 

ワンランク上のおもてなし

コンタクトレンズをしている人なら、保存ケースや保存液があると安心していつでも泊まりに来れます。

といっても、それを勝手にこちらで用意するのは友達に気を遣わせてしまうし、対等な関係とは言えなくなってしまいます。

そこで、歯ブラシや洗面道具、メイク道具を置いておけるように、カゴを用意するといいかもしれません。

「このカゴにまとめて入れといてくれれば、置いておくから」と渡してしまえば気楽です。できればフタのついたカゴがいいですね。

特別こだわりがないなら、試供品のクレンジングや化粧水を取っておくのもいいかもしれません。
人気のコスメブランドのお試しセットやトラベルサイズのものを買っておくのも喜ばれます。

ちょっと便利に

そのほかにも、髪を留めるクリップやゴムなどの洗面用品があると便利です。

髪型や好みが分かっている友達だからこそできるおもてなしを考えることがポイントです。

携帯の充電器もあると便利ですね。

最近は機種ごとというよりもiPhoneかAndroidかガラケーか、といったところなので、自分の持っているのと共有できる場合もありますよね。

専用のお箸があると、気持ちよく使えます。グラスやカップ、お皿も2、3枚セットになっていると、テーブルの上がすっきりします。

ビニール傘や新品のストッキング、タイツは2枚ほど置いておくと、いざという時にあげられます。

コンビニやドラッグストアに買いに走るモノは、ストックを置いておくようにするといいでしょう。

友達が困ることなく気軽に泊まりに来れる部屋、さらには快適に泊まれる部屋作りをしておくと、掃除へのモチベーションも上がります。

大切な人のことを考えた部屋作りをすることを意識してみましょう。

30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテないが、年収1000万田中圭似の夫と結婚した方法

わたしは30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテない寂しい女でした。しかし今は優しくて田中圭似の年収1000万円の夫と結婚して、幸せに暮らしています。

ブスで根暗だったわたしになぜこんな奇跡が起きたのか方法を教えます。同じようにモテなくて悩んでいる女性に見て欲しい記事です。
アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方