喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

独身女性は今すぐ免許を取れ!取っていないと将来積むかも・・・

      2017/04/09

11674996221581879

一生独身の人生が見えてきた喪女で、免許がないなら、今すぐ教習所に申し込みを入れよう!

普段から車を運転することがなくても、免許がないと不便なことはたくさんあります。都心に住んでいても、車を運転できるのとできないのとでは生活が変わります。

スポンサーリンク

独身女は要普免!

運転免許は決して難しい資格ではありません。

免許がない男は見下される風潮がありますが、助けてくれる男がいない独身女はドライバー役も自分でこなさなければいけないんです。

車の他にも、独身女は自分でできることが多くないといけません。

 

免許のない人の残念な行動

免許がない人は、ドライバーの気持ちが分からないので、かなりあり得ない行動をとります。

・長時間ドライブで自分が運転できないからといって助手席でグーグー寝る。ドライバーへの気遣いがなさすぎます。

・「今のところ曲がるんだったのに?」「あっ!あの店新しいよね?!」など、突然進路に口を出す。運転しなくても、免許を持っていればそんなに急に道を変えられないことは分かります。新しい店なんか、よそ見していられません。

・歩行者、自転車でユラユラしたり、車スレスレに移動する。突然車道に飛び出すことがどれだけ危険か、免許のない人は分かりません。

・車の維持費が分からない。ガソリン代や駐車場代がどのくらいの相場なのか、運転しない人は分かりません。乗せてもらったとしても、相応のお返しもできない残念な人です。

このように、免許がないと見ず知らずのドライバーからも、乗せてくれる人からも疎ましく思われます。

スポンサーリンク

仕事にも免許

普段は運転しなくても、免許があれば必要な時に対応できます。これは重要です。誰かの役に立つんです。

仕事にも役立つかもしれないのに、免許がないと「使えない人」になってしまいます。

 

地元は車社会?

今は都会にいても、親が年をとったときに地元に帰るかもしれません。車が必須な地方では、免許のない人はむしろ足手まといです。

免許がないなんて人として見なされない、と考える人もいるくらいです。

60代が若手になるほど高齢化の進んだ地方なら、面倒を見るのは自分の親だけではないかもしれません。病院に連れて行き、買い物を手伝い、作業を手伝うには、運転できなければいけません。

免許がないというだけでお荷物になりたくないですね。

 

身分証明書どうするの?

運転免許証は、身分証明書として日本で一番先に挙げられます。免許証を当然のように身分証明書にしている人から見れば、「免許証がなかったら身分証明書はどうしているのか?」と思うのです。

もちろん保険証、パスポート、住民基本台帳カードなどありますが、1枚では不十分なことも多々あります。免許証なら話は早いのに。

運転免許は今すぐに必要ではなくても、必ず使うときがきます。一生独身で友達も少ないなら、なくてはならないと言っても過言ではありません。


スポンサーリンク

 - 生活 , , , , , ,

  関連記事