車の運転をしなくても免許を持っているだけで得られるメリット

高校を卒業するときに車の運転免許を取る人は多いですよね。若いときに取っておいたほうが、運転も身につくし、何よりまとまった時間を取れます。

でも、都心部に住んでいれば車を運転することはほとんどありません。家族で乗っても、お父さんが運転するのが大半だったりして、結局免許を取ってもペーパードライバーになるのがオチ…。

なんのために免許取ったんだろう…?
ペーパードライバー歴8年の女が車を運転できるようになった練習方法

免許を持つメリット

運転しなくても、免許を持っているだけでメリットがあります。

一にも二にも、身分証明書になること。

身分証明書といえば運転免許証というくらい、高い地位を誇っています。

パスポートは普段持ち歩くことはないし、健康保険証は写真がないので不足があります。

最近は住民基本台帳カードもメジャーになってきましたが、知らない人が多いのが実際です。少し前に、レンタルビデオの会員カードを作ろうと住基カードを出したら、キョトンとされました。

運転免許証が何よりも実用的な身分証明書だということは、誰もが認めるところでしょう。

 

就活、バイトに有利

求人の条件に「要普免」と書いてある場合は必須だし、「普免あれば尚可」というのも免許なしでは応募しにくいものです。

普段は車を使わなくても、何か届け物やお遣いで車を運転することがあるかもしれません。

 

行動の範囲が広がる

免許があれば、旅行でも日常生活でも、電車では不便なところへ車で行けます。大荷物の外出も、車なら移動が楽です。

普段から運転しなくても、いざというときに運転できると、行動の範囲が広がり、周りの人からも頼られます。

ない人には分からない!

免許を持っていない人は、運転がどのようなものかが分かりません。

・道を積極的に覚えない

・歩道と車道が分かれていない道の歩き方が危ない

・車に乗せてもらって当たり前

・維持費がどれくらいか分からない

・助手席で平気で寝る

・運転がカンタンそうに見える

など、ものすごく空気読めない行動を平気でとるのが、免許を持っていない人です。

免許があれば、普段運転しなくてもドライバーの気持ちが分かりますよね。乗せてくれる人も、免許のある人を乗せるほうが、ない人を乗せるより印象がいいのではないでしょうか。

都心部では車を買っても駐車場代が高いし、出かけたときに駐車場を見つけるのが大変なので、むしろ車が邪魔になることはあります。

しかし、車を持てないからといって免許証が邪魔なることはありません。

将来、田舎に引っ越すかもしれません。地元に戻って車社会で老後を過ごすことになったとき、免許がないと生活できません。

生活のためにも、就活のためにも、将来のためにも、免許はあったほうがいいのです。

30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテないが、年収1000万田中圭似の夫と結婚した方法

わたしは30歳まで彼氏いない歴=年齢のモテない寂しい女でした。しかし今は優しくて田中圭似の年収1000万円の夫と結婚して、幸せに暮らしています。

ブスで根暗だったわたしになぜこんな奇跡が起きたのか方法を教えます。同じようにモテなくて悩んでいる女性に見て欲しい記事です。
アラサー30歳。彼氏いない歴=年齢のモテないわたしが年収1000万のハイスペ夫と結婚できた方法と出会い方