喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

共感できるとヤバい!喪女が体験したリアルブスあるある

      2017/04/09

pig-1028845_960_720

春の新作ワンピースと巻髪で街中を歩いていたら、「ブスwww」と男から笑われることが日常茶飯事な管理人だよ☆

こういうことって普通の顔の友達に話しても「えっ嘘でしょ?話盛ってるでしょ~」なんて言われて信じてもらえない。

普通のかわいい女の子からしたら、そんなブスにはよくあるあるあるなことってファンタジーの世界なんだろうな・・・。

今回はそんなブスなわたしにだけはよく起こる、ブスあるあるを集めてみました。

これに共感できない人、あなたはりっぱな美人です!逆に共感できちゃうとやばいかも!?

スポンサーリンク

日常生活でのブスあるある

・お風呂上りの鏡の自分の美しさに驚く。買い物しているとき鏡に自分の姿が映るとモンスターに見える。

・光浦靖子のことを美人だと思っている。

・風邪でも花粉症でもないのにマスク愛好。

・休みの日は一歩も家から出ない

・なぜか宗教の勧誘やセールスにはよく声をかけられる。

・スマホで角度や光を変えて、何度も決め顔を撮ってもブス

・自分はブスだけど、美人が嫌いなわけではない。むしろ好き。嫌いなのはかわいい部類だけどそうでもない地味にモテる女。

・すっぴんでもブス。化粧してもブス。

・ブサイクな顔とともに内面までブサイクになっていると思う。

 

恋愛でのブスあるある

・年齢=彼氏いない歴は基本

・後ろから声をかけられて、ナンパのはずなのに顔を見ると素通りされる

・ブスはブスかもしれないけど、案外いけるかもしれない!と思ったら、合コンで相手にされない

・友達と街を歩いていてナンパされると、男たちが自分が目に入っていないかのようにしてくる。

・自分と同じくらいの容姿レベルの人に彼氏がいたり結婚していると、裏があるのではないか?と疑う。

・自分の顔はさしおいて、自分と同じレベルの顔の男はないわ・・・と思う。

・そんな気はないのにちょっと男を褒めたりすると、男から彼女いることをアピールされたりと、遠巻きにお断りを入れられる。

・若いうちが有利だと20代から婚活を始めてもモテない

・新入社員として入社して、全くちやほやされずそんなもんかーと思っていたら、次の年の新入社員のちやほやされ加減に驚く。

・その場にいる全員に恋愛経験をふる人が自分にだけ振ってこない

スポンサーリンク

美人とブスあるある

・20代のブスと30代の美人では、30代の美人のほうがモテる

・写真ってたいてい写りが悪くなると思っていたら、写真でも美人は美人のまま。わたしはブスのまま。

・本当に美人な人はブスにも優しい、というか平等に分け隔てなく接してくる。

ちょっと歪んだ美人風な女が、一番ブスに絡んでくる。

美人は美人でも、本物の美人との超えられない壁に苦しんでいるのかな・・・と思う。

・しまむらの服でも美人が着ると「どこのブランド?」と聞かれる。

しまむらの服をブスが着るとしまむらだと思われる。

・美人はビューティーコロシアムを見てバラエティーだと楽しむ。

ブスは切実に現実として一緒に整形を考える。

・美人で痩せている→「モデルみたい」 ブスで痩せている→「がりキモッ」

 

仕事でのブスあるある

・ブスだと無条件で仕事ができなさそうだと思われる。

・新入社員の若さが売りのときでも、お客さんにお茶出しをさせてもらえない

・男性陣からコーヒーを頼まれることがない

・幼稚園の先生をしていると、子供の反応はシビア。

美人な先生ほどよくなつかれ、ブスな先生は園児から叩かれ笑われる。極めつけは「先生はどうしてそんな顔に生まれたの?(無邪気)」。

・コンビニでのバイト中、かわいい同僚と同じシフトでレジにつくと、かわいい同僚のレジだけ行列。

「こちらどうぞ」と声をかけても無反応な客。客をさばけないと店長に怒られる。

・真面目にしていれば見ていてくれる人はいると信じて仕事をしている。

でも男性が見るのは仕事もできないかわいい子ばかり。誰も自分を見てくれない。


スポンサーリンク

 - 生活 , , , , , ,

  関連記事