喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

アラサーの独身女友達が新築マンションを購入したので話を聞いてみた

      2017/04/09

apartment-406901_960_720

アラサーなのに月給14万円の安月給で、今も絶賛実家暮らし中の喪女美です。

この歳にもなると、将来はどのように暮らして、どこに住むことになるんだろう?と考えたりします。

同世代の周りでは、マイホームを建てたりする人も出てくる年代で、夢のマイホーム購入を独身ながら頭にちらついたり。

そんな中、生涯独身を宣言している喪女友達が、知らない間にマンションを購入していました!

しかも今はやりの中古ではなく、1LDKのマンションです。

今回はいかにしてマンション購入に踏み切ったのか、決め手のきっかけなどの話を聞いてきたのでまとめます。

スポンサーリンク

生涯独身なら新築マンションを持て

彼女はまだアラサーですが、これまで一度も男性とお付き合いしたことがなく、またデートのお誘いすらないので、この先縁はない。

ときっぱり悟り、生涯独身を思う存分まっとうする。という決断を早めに下し、マンションを購入することにしたそうです。

 

一軒家をたてなかったのは、資金力の面もありますが、何より防犯とご近所づきあいの点を考慮したそうです。

一軒家はマンションに比べて、2倍の空き巣率が高いです。

そして、一軒家はご近所づきあいがマンションと比べると多く、家族が多く暮らす場所に独身女が住むのは不都合だと考えたそうです。

 

なぜ中古マンションにしなかったの?

わたしなら資金力の面から、怖くて、というか無理なのでマンションはおろか、新築なんて夢のまた夢・・・と思っていました。

すると彼女は、

「わたしも何も調べないうちはそう思ってた。でもね、今独身でも新築マンション買う人って多くて、それならわたしにも買えるんじゃないかと思って計算してみたの。

独身って結局子供の養育費がかからないわけじゃない。生命保険も安くて、お金が余る。

今後確実に貯金できる金額と、今の貯金をあわせたら、新築マンションは手が届かないわけじゃなかったの。

むしろ、結構軽く届くんだってことがわかったの」

ということでした。

 

貯金体質かどうかが重要

彼女は大学生のころからバイトして、学生のころから月1万円貯金するという、貯金体質だったそうです。

社会人になり、月給20万円ながらも、実家暮らしで全く贅沢はしない。

デートもしないからお金がかからないの生活で、毎月10万円以上も貯金を貯めていたそうです。

すると、すでに頭金は1000万円!

 

これだけ頭金があると金利は安く、余裕でローンを組んでも返済できることがわかったそうです。

散財タイプのわたしとしては、この前置きの段階で驚きです・・・同世代でまさかそんなに貯金をしてたなんて!

彼女の方がお給料は高いけど、実家暮らしならわたしももう少しは貯めれたはず・・・と心から反省しました。

スポンサーリンク

購入価格は1800万円

・駅から15分離れている

・近くに小学校や幼稚園がない

・買い物は少し不便な面がある

 

このような条件がそろっている物件は、平均よりも安く新築でも購入できるそうです。

この辺りのデメリットは、独身ならそもそも小学校幼稚園は関係ないし、車を持っていれば駅は必要ない。

ということから、デメリットにはなりえないと思い、むしろ安くなって良い条件だと思ったそうです。

そして独身のメリットは、家族で住むなら3~4LDKは間取りが必要なところが、1LDKでも十分だということです。

3LDKだと3000万はかかりますが、1LDKなら1500万円ほどからたくさんの物件があります。

そこで、無理なくローンを返済できる1800万という確実なラインのマンションを購入したそうです。

 

貯金タイプの彼女が散財タイプのわたしにした忠告

人生の夢である新築マンションを購入という偉業を、身近で同じ立場の女性がしたことで、わたしのテンションはヒートアップ!

わたしもこれから貯金に励み、マンションを購入する!と意気込んだ時、彼女から忠告をされました。

「新築マンションを買うことが、幸せに繋がるとは限らないよ。

わたしは趣味という趣味もないし、女友達との交流もほとんどない。会社の飲み会にだって参加しないほど。

だからこの歳の割には貯金は多くできたけど、趣味がないってつまらないと感じることもある。

でも、喪女美は、アイドルは好きだしライブには行くし、食べ歩きだって好きじゃない。

だから、好きなことにお金を使えるならそれでいいと思うし、マンションのために貯金を今からすることは、喪女美にとっては苦痛になるかもしれない」

と言われました。

 

確かに、アラサーからのスタートで、散財タイプのわたしが今から頑張っても、早くて40代半ばころに頭金が貯まる計算でしょうか。

そう考えると、貯金はどっちにしろしなければならないけど、今から無理に買うことはかなりのリスクや苦痛を負うことになりかねないとも思いました。

 

中古マンションを検討中

そこでわたしが今考えているのは、中古マンションの購入です。

これなら、1000万円くらいでもたくさんあるし、貯金がなくても買えない額じゃありません。

結婚をしないなら、人生のどこかで大きな買い物をしてもいいはず。できるはず。

今はそんなことを目標にしながら、毎月3万円ずつ貯金する習慣をつけているところです。

これからの独身生活、あなたはどんな場所に住みたいですか?


スポンサーリンク

 - 生活 , , , , , , , ,

  関連記事