喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

1人でも入りやすい手軽にできるファミレスの便利な使い方

      2017/04/09

ファミレスの傾向と対策

最近の傾向として、ファミレスの深夜営業は徐々に減る傾向にあるんですよね。

大手数社は郊外にあるファミレス店舗を通常営業を夜は深夜0時前に終了、そういう感じになってきています。

でも都心部とか駅前営業している店は、まだまだ24時間営業も多いので、そこでファミレスの利用では、長時間いるならやっぱり駅前とか繁華街の中にあるファミレスがオススメです。

 

そこで、読書とかパソコンを持ち込んでの仕事ですけど、どういった感じなら、ファミレスの使い方で長く1人で「居座れる」んでしょうか?

まずですね、パソコン持ち込みは結構嫌がられます。

ノートとか本とかなら、変な話、怪訝そうな顔をスタッフからはされませんね。

 

となると、筆記具持参の仕事ならややOKな感触です。それと総じて読書は別にフツーによく見ますので、これは気にする必要が無い感じですね。

しかしそれでも、流石にドリンクバーだけ注文して長居はかなり、スタッフからの「圧力」が強いですよ。

あんまり長居するとお水を何度も入れにスタッフが、無言の「出て行け的」な雰囲気が出てきますからね。

ファミレスの使い方では、「あ、この人仕事しようとしてんのね。」とファミレス側に悟られると、1人ファミレスはどこへ行っても失敗します。

スポンサーリンク

深夜営業ファミレスの注意点

深夜ファミレスで一人での利用は、原則どの店でも最初に入店したら、「何名様ですか?」

と聞かれるので、一人ってのはファミレス店長もスタッフも周知しちゃってます。

そこでここから、長居する手段はテクニックが必要ですよ。まず原則1人ファミレスの使い方では、以下の事を守ってください。

 

1.ガッツリ食事はNG

2.原則お酒とおつまみありき

3.長居は3時間くらいまで

 

1はですね、食事をとるとメニューを見て決めたら最後、場所によってはスタッフがメニューを片付けちゃう場合もあるんです。

入店したらメニューを持ってくるお店もありますからね。決め手は「サイドメニュー」しか注文しないってことです。

 

2のお酒とおつまみですが、要はサイドメニューとお酒の組み合わせなら、メニューに関してはスタッフは、「絶対追加注文があるはず!」

と読んでいますから、メニューは、時間が経とうが1人入店でも片づけたりしません。

お酒飲めない人は、必ずサイドメニューから注文して、ドリンクバーを先に注文しない事ですよ。

 

3は、スタッフからは時間がある程度経つと「もういいでしょうか?」と出店を促されることは無いですが、メニューを持っていかれたりする場合もあるので、1人ファミレスの目安で考えてくださいね。

 

一体いつまで居られるの?

お酒がある程度飲めることが限定ですが、コツはですね、お酒は「割る」ってことが肝心です。とにかく薄めちゃう。

水割りなら後からドリンクバーを注文して、ある程度の時間毎に、間にコーヒーとか挟むと長居できますね。

「食べに来ているんじゃなく、飲みに来ている」って感じに見えれば成功です。サイドメニューは1品程度を追加注文するだけで良いです。

 

入店したら、まずお酒1品、サイドメニュー3品くらいで小1時間経ったら、”作戦”を変えて、お酒の薄い物と、サイドメニューもう1品追加で対応します。

従って、出来るだけ長居したいのなら、食事抜きでファミレスに行く方が良いです。お酒のグラスを、直接ドリンクバーに持って行っちゃダメですよ。

スポンサーリンク

上手なファミレスの使い方

ファミレスの使い方は、まず深夜なら自宅近所か、直ぐ近くの駅前近辺で2~3店は、普段から確保するべきです。

メニューの種類とか、入店する顧客数とか時間帯でそれぞれかなり変わるので、1人ファミレスは、一応数週間かけて下調べした方が良いです。

 

あんまりちょくちょく変えるのは良く無くて、1店舗に数週間から数か月通って、次の店舗にローテーションを移すと効率的なファミレスの使い方になります。

芸能人や若い芸人さんは、結構こうしてファミレスの使い方をしていますよ。殆どが1人でのファミレスの使い方で、しかもほとんどお酒に弱い方が多いです。

 

平日の深夜をはしごして調べる

いきなり見つけたファミレスで、長居をする使い方はよくありません。

まずは1人で最初はファミレスの下調べで、サイドメニューや飲み物の種類を確認しておきましょう。

流石に結構頻繁に行くことがありますが、時間を変えたり週末や平日とタイミングを変えてくださいね。

 

目的が仕事でも、「ホントは呑みに来てますよ」的な感じをファミレスでは、使い方として考えておくことです。

またビールとか、トイレに頻繁に立つようなメニューは避けてください。同じ意味で、コーヒーもですね。

本もコンパクトな文庫本がオススメです。そして一人ファミレスの使い方は、時間にしてとにかく空席が目立つ時間を見つけることですよ。

 

深夜でも電車が動いているとか、他の飲食店が営業している時は、家族連れも多くて1人入店の使い方は席を自由に選べないだけでなく、席を移動させられることもあります。

それとこれもファミレス使い方極意ですが、なるべく他の席からは背中を向けて座ることです。

読書でもなんでも、周囲が見えると気が散りますからね。


スポンサーリンク

 - 生活 , , , , , , ,

  関連記事