喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

お1人様でも入りやすい飲食店の特徴はこれだ!メモ必須

      2017/04/09

喪女スタイル
喪女だって、夜ご飯を外食したい日があります。え?1人ですが何か?

とは言ったけど、なんとなく、お1人様では入りづらい飲食店が意外に多い…!

夜、男が1人で入る飲食店なら安くておいしいお店いっぱいあるのに、女1人では入りづらい。

松屋とかすき家だって安くてお腹いっぱいになるから経済的なのに、女が1人で入ったときのオワタ感?

下手におしゃれなお店入ってしまうと、女子会やってたりするからムリだし。といって、居酒屋では孤独感が増すだけ。

最近は1人でラーメン、焼肉にいける女子が多いらしい。というより、そういうニーズを汲み上げて女が1人で入れる雰囲気にしたお店が増えてます。

スポンサーリンク

増えるお1人様飲食店

おしゃれな雰囲気のラーメン、焼肉屋さんが増えているということは、店員の目も他の客の目も気にしないで入りやすい店の証。

この流れに乗らない手はない!

ラーメンだって焼肉だって、たまには食べたいし。家で食べるのとは違うんです。

 

やっぱりチェーン店がテッパン

ドトールとかプロントのような、おじさんからOLもいる流行すぎないカフェ系は安定の入りやすさ。

スタバはご飯には向かないので除外。しかも注文に手間取るし、オシャレぶってると思われるのもシャクだから。

ファストフードならモス、ロッテリアはもちろん、マクドナルドなら入れます。サブウェイはやっぱり女性率が高いので、お1人様でもまったく気になりません。

 

牛丼屋は鉄板

吉野家、松屋、すき家は牛丼界の三大チェーン店。

まず牛丼屋に来るのはそもそも一人の人が多く、わたしが訪れる時も大抵カウンター席に男一人が大半。

しかしなか卯なら入れそうだけど、丼物チェーンは男子?オヤジが好む食べ物なので、女が1人でいると目立つんです。

 

といっても、大半の店員はそんなことを気にしていないようです。

店員の目が気になるのは洋服屋さんの場合で、飲食店だと実際はそんなに見ていないと思われます。

こういう場合は、他のお客さんの目が気になるんですね。外を通りがかった人の目とか。

数人で来てる若い男子の「あの女1人かなぁ」なんて話のネタにならないように、席を吟味したいところ。

スポンサーリンク

ランチはどのお店でもいける

夕ご飯の場合、お1人様は厳しい店が多いのは事実ですが、ランチになると格段にレベルが下がります。

オフィス街でも繁華街でも、平日の昼時なら、「仕事の休憩時間にサクッと食べに来た」が伝わりやすいので、わりとどんな飲食店でも入れます。もちろん、居酒屋のランチでも小洒落たバーのランチでも大丈夫。

ランチは店側が回転を重視するので、1人だと相席になることもありますが、静かに黙々と食べてればOKです。

たまたま相席になったイケメンに話しかけられるっていうマンガなことは起きませんから。

 

カウンター席がある店

おひとり様ならカウンター席がある店は頭にいれておかなくちゃね!

窓際にカウンター席があるお店は多いけど、見てみるとほとんど一人でスマホをいじっている人がほとんど。

おしゃれなお店なら男性より女性が多いのも入りやすい特徴だね。

カウンター席なら何も気にすることなくおいしく食事ができるので、数店はチェックしておこう。

 

おひとり様でも気軽に入れるお店が検索できるサイト

一人でも入りやすいお店「ヒトサラ」

それがここ、ヒトサラの「一人でも入りやすいお店」。

主に一人で座るカウンター席や、オーナーがおひとり様に理解のあるお店を選んでいるみたい。

おしゃれなお店も多いので、実際はカップルに占領されていたりしないか心配だが、色々なお店をチェックできるのはいいね。


スポンサーリンク

 - 生活 , , , ,

  関連記事