喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

もう恐くない!お局が攻撃してくる時のお局の心理を知って対策

      2017/04/09

喪女スタイル

ある程度の規模の会社にいると、大体お局といわれる女性がいます。

お局の特徴は、大体こんな感じです。

  • 30代後半~40代の独身女性
  • 常に誰かの陰口を言っている
  • 自分は仕事ができると思っている
  • 取り巻きがいて、自分の思い通りにならないと不機嫌
  • 自分は面倒見がいいと思っている
  • 若い女性が敵
  • すべて把握していたい
  • 上司やイケメン男性社員には愛想がいい

敵に回したら無視されたり嫌がらせされたりするので、非常にタチが悪いのですが、といって仲間にもなりたくない。

しかし、お局だって若いときがありました。新入社員の頃がありました。お局がどのようにお局になったか、その背景を知っておけば、お局の攻略法があるかもしれません。

スポンサーリンク

攻撃してくるお局の心理

リベンジ型

お局が新入社員の頃にお局から嫌がらせがあったりすると、自分がその年齢になったときは、怖いものなしになります。

伝統的に、年上の女性社員がお局のポジションにつくので、姑のようなものです。

「私も若いときにやられたんだから、自分が年長になったら若い子にやり返してやる」というのです。

権力型

年功序列で上にあがっていくと、先輩風を吹かせる快感を経験してしまいます。お局の指示と教育に「ハイ、ハイ」と健気に聞いてくれる若い子がいると気持ちいいのです。

そこから、後輩社員の行動や仕事を把握したい、権力を持ちたい欲求がうまれ、お局の支配の範囲から外れる人を攻撃しようとするのです。

不安型

お局自身に不安がある場合、人を攻撃することで自分が強いことを誇示します。自分のミスを指摘されるのが怖いから、人のミスを気にして隙あらば突こうと必死です。

ストレス発散型

仕事では、どうにも思い通りにいかないことが起きたり、嫌味な上司がいたりするものです。そのストレスを、か弱い若い女子社員に向けることで、ストレスを発散します。

人のミスや服装をネタに悪口を言って、取り巻きに笑ってもらう快感に取りつかれたタイプです。

スポンサーリンク

お局タイプ別の攻撃のかわし方

会社のお局がどのタイプかを知れば、少しは適切な対処ができます。

リベンジ型には、嫌がらせを受けたことをこっそり、細かくメモすることです。いつ、どこで、どんな風に、誰か同席した人はいないか、事細かく記録して、ある程度たまったら、上司に相談しましょう。上司への相談は必ず証言してくれる人がいるときにしましょう。

できれば全面戦争は避けたいですが、耐えられないいじめがある場合は仕方ありません。お局は、上司から指摘されると弱ります。

 

権力型には、認めてあげることです。「さすが○○さんですね、私には思いつきませんでした!」というように、持ち上げておきましょう。

媚びるわけではありませんが、「○○さんのお知恵を借りたいのですが…」と相談してみるのも、お局には快感です。取り巻きにならないよう、かわいい後輩になることができれば大成功です。

 

不安型には、可哀想な人だなぁ、と心の奥でさっさと片付けることです。荒れているお局に気づかないふりをして、仕事に集中するチャンスです。

 

ストレス発散型にも、怒りがあって可哀想な人だと思ってあげましょう。そして無視を決め込んで仕事に集中します。面倒なことにはかかわらないよう、身を守らなくてはいけません。

今のお局がいなくなれば、新しいお局が誕生します。お局いなくなることはないので、うまく立ち回って敵にならないようにするか、目に入らない無害な人になるかです。

会社は仕事をしにくるところ、と割り切って、お局がいても何も感じない悟りの境地を目指そう。


スポンサーリンク

 - 仕事 , , , , , ,

  関連記事