喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

社会人デビュー!いじめられないためのマスターしておくべきマナー集

      2017/04/09

2012020315000000
新卒喪女のみなさんは、これから社会の荒波に揉まれる人生の始まりです。

社会人は、最初が肝心。社会人デビューのためにマスターするべきマナーを身につけなければいけません。

スポンサーリンク

過去に学ぶマナー

もちろん先輩社員にも新社会人だった時があって、大恥かいて失敗しています。

逆に言えば、ネットやテレビで騒がれる「新入社員の信じられない行動」をチェックしておくことで、「先輩社員的な常識」がわかります。

間違いないのは、マナー研修を受けることですが、会社でやらない限り、新入社員にその余裕はありません。

ポイントだけ確認したら、先輩の真似をして動けば、社内でいじめられることはないでしょう。

あなたは大丈夫?社会人の鉄板マナー

①清潔感が大事!身だしなみ

スーツでもオフィスカジュアルでも、清潔感のある格好をしましょう。

スーツは安いものではないけれど、体のサイズに合ったものを買いましょう。

シャツの色、ストッキングの伝線、靴のかかとの擦り減りにも注意です。

また、胸元が開いた服や大ぶりのアクセサリーもNG。ヘアアクセも初めは目立たないものか、黒ゴムなどにしておこう。

②第一歩!名刺交換

名刺は目下の者から先に渡します。

テーブル越しは厳禁。席を勧められても必ず相手に近づいて名刺交換します。

名刺入れから新しい名刺を取り出して、両手で差し出します。

「◯◯社の喪山と申します」とはっきり言いましょう。

渡す相手が数人いる場合、部長→課長というように役職が上の人から渡します。

相手も同時に名刺を出してきた場合は、自分の名刺が相手の名刺より低い位置になるようにしましょう。

受け取るときは、相手の名前・社名・ロゴに指がかぶらないように「余白」を両手で持ちます。

「頂戴します、よろしくお願い致します」と爽やかに言いましょう。

席に着いたら、テーブルに名刺入れを置き、そのうえに頂いた名刺を置いておきます。

折れないように、汚さないように扱います。

③女子社員の宿命?お茶出し

最近はペットボトルで出す会社もあるようですが、お茶やコーヒーを出すことも女子社員にはよくあります。

お盆の下から中央部分を、しっかり手のひらを付けて持てば安定します。

出す順番は、上座にいる人からです。上座とは、入り口から遠いところ、奥の席です。

お盆は一度サイドテーブルに置いて、両手で茶托を持って出しましょう。お盆を置くスペースがなければ、お盆を持ったままでOK。「片手で失礼します」と相手の右側から出します。

スポンサーリンク

④二重敬語になってない?

尊敬語、謙譲語、丁寧語をちゃんと使い分けましょう。

社長様、というのは丁寧そうに見えますが間違いです。社長、部長などの役職はすでに尊敬の意味が込められているので「様」をつけると二重敬語になってしまうのです。

過剰な敬語はかえって失礼になります。

また、自社の上司のことを社外の人に言うときは「◯◯部長」と言わず「弊社の◯◯」と呼び捨てにします。

ここ数年「~させていただく」を連発する人がいますが、これも過剰なのは失礼です。「~させていただく」というのは、「相手の許可を得てする行動によって自分が恩恵を受ける」ときに使います。

厳密な使い分けは難しいですが、頻発すると耳障りという人も多いです。

相手の許可に関係ない行動なら「致します」として、スマートな敬語を身につけよう。

⑤社会人はほうれんそう

報告・連絡・相談は必ずしよう。特に困ったとき、ちょっとでもトラブルになりかけたときは、迷わずに相談しましょう。

忙しそうだから…なんて遠慮は不要。新人のうちじゃないと聞けないことってたくさんあるんです。3か月もたってから基本的なことを質問してるようじゃ「使えない」と言われてしまいます。

社会人としてのマナーはすぐに身につくものではありませんが、まずは謙虚な姿勢で元気なことが、新入社員に一番求められることです。

社会人デビュー頑張ろう!


スポンサーリンク

 - 仕事 ,

  関連記事