喪女スタイル

もてない喪女による喪女のための情報発信サイト!一人で生き抜くおひとり様術やコミュ力アップ、男との接し方などをまとめています。

*

一生結婚できない喪女が一人で生きていける待遇の仕事とは?

      2018/02/02

私は喪女なので、一生結婚しないで生きていく覚悟もしています。

結婚願望がないわけではないけれど、いかんせん喪女なので、現実的には結婚しない可能性も高いです。

 

一生独身ということは自分の食い扶持は自分で稼がねばなりません。

そんな喪女が一生独身でも生きていける待遇の仕事をご紹介します。

スポンサーリンク

看護師

女性が働きやすく比較的収入の良い職業の代表といえば看護師です。

夜勤や力仕事もあったり、厄介な患者の相手をしなければならなかったりと仕事内容は体力・精神面共にハードですが、その分給料は高めです。

 

正看護師と准看護士でも差はありますが、月収30万円前後、ボーナスも含めると年収は450万円くらいが平均値です。

正看護師になるには3年生の専門学校か4年生の大学に通って国家資格を取る必要があります。

 

准看護士は2年間准看護士学校に通うか高等学校衛生看護科に3年間通って試験(国家試験ではない)に合格するとなることができます。

正看護師の方が収入は良いですが、人件費を抑えたい個人クリニック等は准看護士の募集が多く、需要は准看護士の方が高く就職しやすいという面もあるようです。

 

薬剤師

看護師と並んで女性が働きやすく高収入だといわれていて、平均月収は36万円程です。

病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社など様々な勤務先があり、待遇や仕事内容はそれぞれ異なります。

 

調剤薬局やドラッグストアの薬剤師は直接お客さんと接しますから、薬の知識の他にそれなりのコミュニケーション能力も求められます。

ドラッグストアの場合はさらに品出しや売り場のレイアウトを考えたりといった店舗業務や、店長やマネージャー職を任される場合もあります。

 

製薬会社で働く場合にも新薬を開発する創薬ならあまりコミュニケーション能力は求められないかもしれませんが、治験コーディネーターは被験者のケアや患者さんの相談窓口もすることがあります。

薬剤師になるには、6年生大学薬学部卒業して薬剤師国家試験に受からなければならないので、看護師よりハードルは高めかもしれません。

スポンサーリンク

システムエンジニア(SE)

イメージ的には男性の多い職業ですが、実力主義の世界なので、女性でもスキルを磨けば出世もしやすいです。

女性エンジニアの平均月収は約36万円ほど。

 

男性が多いので出会いも多そうですが、女性エンジニアの未婚率は50%と高く、女性エンジニアの2人に一人は独身ということになります。

その実情は、忙しくて結婚どころではない、また結婚しても家事育児と両立できないので辞めてしまうということが多いようです。

 

ですが、裏を返せば独身女性ならバリバリ仕事をしていけるということ。

IT業界はブラック企業が多いといわれますが、もちろんまともな企業だってたくさんあります。

システムエンジニアになるには特に資格などは必要ないので、看護師・薬剤師よりはなりやすい職業といえます。


スポンサーリンク

 - 仕事 , , ,

  関連記事